書籍出版 サーフィンライフのススメ

こんにちは。
山本です。

 

2020年4月に起きたコロナ騒動をきっかけに
サーフィンに悲劇が起きました。

 

その想いと共に書籍を出版しました。

 

「たかがサーフィン、されどサーフィン
サーフィンライフのススメ」
↓ ↓ ↓

 

以下書籍の紹介文です。

 

サーフィンに悲劇が起きた・・・

 

「サーファー、全員溺れて死ね!」
「波が打ち付けられてしぶきでコロナが蔓延する」
「こんな大変な時にサーフィンして遊んでんじゃねーよ」

 

2020年4月、世界は新型コロナウィルス
によってパニックになっていました。

 

見えない、得体の知れないそのウィルスに
日本も例外ではなく、現在生きている誰もが経験した事の
無い世界で右往左往していました。

 

そんな中、日本で初めて「緊急事態宣言」
という聞いた事もない宣言が政府から発表されます。

 

3蜜を避ける(密閉空間を避ける、密集場所を避ける、
密接場所を避ける)というスローガンの元、

 

それに当てはまるお店などにも自粛要請が
かかり店舗を閉める自体が起きました。

 

通勤の密集や密接、密閉を避けるために
リモート化された働き方(インターネットを使用して
自宅で業務を行う方法)も各企業で導入が進められました。

 

そんな時でした。

 

サーフィンというスポーツに悲劇が落とされたのは。

 

私がホームポイントにしている湘南藤沢市にある
鵠沼海岸と片瀬海岸西浜でサーフィンしている映像が
全国ネットのニュースに流れ、マスコミに大叩きをくらったんです。

 

サーフィンに悲劇が起こりました。

 

湘南の海でサーフィンしている映像が
ワイドショーやニュースでも頻繁に取り上げられ、

 

サーフィンをしている奴は罪人ぐらいの
世論が巻き起こる事になります。

 

サーフィンをしていてこれほど肩身の狭い思い、
そして悲しい気持ち、偏見に対する怒りを抱いたのは
生まれて初めての経験でした。

 

本来であれば・・・(本文より)

 

もう書かずにはいられませんでした。

 

はじめまして。
ソルサーフ代表の山本です。

 

2020年4月に起きたコロナ騒動から端を
発して起きたサーフィンの悲劇を目の当たりにして
怒りにも近い感情で本を書いていました。

 

これまでサーフィンに多くの恩恵を受けてきた
私はサーフィンを中心に置くライフスタイルを確立するため
多くの紆余曲折を経てここまで来ました。

 

そしてサーフィンに恩返しする意味も
込めてサーフィンをベースにしたビジネス展開
もしてきました。

 

この書籍を通して一人でも多くの人達、特にこれから
サーフィンをやってみたい、やっているけど初心者、
サーフィンは良く分からないという人、

 

サーフィンに対する見方を少しでも
良い方向で考えて欲しいな~と。

 

そして読めばサーフィンが人生で起こる問題を
解決するソリューションになる事、

 

サーフィンを中心に置くライフスタイルを
実現すると得られる世界、

 

その世界を目指したい人がいれば、
そのライフスタイルを実現するために必要なことを
知りぜひ実践して欲しいと願っています。

 

是非ご覧ください!

「たかがサーフィン、されどサーフィン
サーフィンライフのススメ」
↓ ↓ ↓

 

 

 

 

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA