サーフィン死亡事故を防ぐ!

こんにちは。
湘南ソルサーフ代表の山本です。

今回はサーフィンの死亡事故を防ぐ内容
についてお伝えします。

サーフィンは自然を相手にするので危険も隣り合わせにあります。

危険の中で起きる怪我はありますが、
最悪は死亡事故につながる事です。

サーフィンの死亡事故で圧倒的に多いのが溺死です。
溺れてしまう事ですね。

カミナリが直撃するケースや海外ではサメに
襲われる等ありますが、確率で考えれば溺死が高いわけです。

ですから溺れるケースを回避する事にまずは集中する事です。
要は溺れなければ良いってことです。

溺れるケースで考えられることが以下2点です。

1:カレント(離岸流)に流される。

2:波に巻かれる。

細かい事を言えば足がつったりするなど色々ありますが、
基本的に上記2つの現象が起きた時に溺れる確率が高まります。

<1:カレントに流される>

岸から海に向けて強い流れが発生しているところがあります。
波と波の間に起きたり、テトラや岸壁付近で起きたりします。

カレントに流されたら慌てず、岸に真っ直ぐ戻らずに横に
移動していきながら岸に戻るようにします。

サーフボードがあればそれほど怖い現象でもありません。

サーフボードが無い場合は背浮きで体力を
維持しながら少しずつ斜め横に移動しながら岸に戻ります。

背浮きは力を抜いて思ったより足を上に上げると
勝手に浮き始めます。

脱力がキーポイントです。

<2:波に巻かれる>

カレントよりも波に巻かれる方が個人的には危険度が高いと思います。

波に巻かれるシーンとしてはテイクオフ時のパーリング
(ノーズが海面に刺さる)、アウト(沖)に出る時に波が直撃する、
ライディング中のワイプアウトです。

パーリングにしてもワイプアウトにしても
アウトに出る時の波の直撃にしても
ある程度技術が向上すれば避けられます。

パーリングについてはテイクオフスキルが
上がればほぼ無くなる現象ですし、

ワイプアウトにしてもライディングスキル
が上がれば安定してきますしプルアウト
で回避することも可能です。

プルアウトとは

アウトに出る時に波の直撃を受けるケースでは
ローリングスルーなどで巻かれる事を回避することもできます。
(それ以上に強い波だと巻かれる時もありますが)

もちろん初心者サーファーにとってはそれが
できれば苦労はしないよ!と言いたいところだと思います。

そこで大切なことは波に巻かれた時はとにかく
冷静に頭を手で守りながら力を抜いて波にされるがまま
抵抗しない事がとても大切です。

端的に言えば、

「頭を守りながら脱力する」

です。

波に巻かれて洗濯機に突っ込まれたような状態
になって冷静になるのは難しいかも知れませんが、

脱力すれば自分が思っているより早く海面に浮いていきます。

海面に浮いてきたらリーシュコードを手繰り
寄せてサーフボードに捕まります。

この時、次の波が押し寄せてくるケースもありますので
その時も巻かれたら同じように頭を守って脱力!
を心がけましょう。

また結構焦るのがリーシュコードが切れるケースです。

僕も過去に大きな波の時でプルアウトが遅れて
そのまま巻かれて海中でぐるぐる巻きになりながら
「プチン」とリーシュが切れたのを感じました。

普段は慌てずそのまま脱力しますが、
リーシュが切れたのを感じたこの時は焦りました。

海中で右手はクロール、左手は平泳ぎのような
この世に存在しないような動きをしてもがいてしまい(笑)、

やっと海面に浮上してもまた次の大波が
押し寄せてくる状況でした。

ボードが流されたことでボードを
探さなければならない事もありましたが、

大きい波の時だったので岸から戻る
波のパワーも凄くなかなか泳いでも岸に
たどり着けませんでした。

ボードの行方も気になるし、自分は岸に
辿り着けず何度も来る波に巻かれていました。

そこで泳ぐ事は頭から外して波に巻かれる
瞬間に足を蹴り出しながら少しずつ前に
出ることを考えました。

海面から波が来るのを見て波が来た瞬間に
ウルトラマンのように岸方面に飛ぶ感じです。

そしてまた波に巻かれます。

次の波が来るまでの間は沖に戻されるパワー
に逆らわずゆっくり平泳ぎでしのぎます。

そして巻かれては前に行き、巻かれては前に行きを
繰り返してようやく足が着く位置までたどり着いた
経験があります。

この時、決してクロールなどを使って
泳いで到着したわけではありません。

返って泳がなかったので上半身の
疲れもなく戻ることができました。

無理矢理泳いでいたら途中で疲れ果てて
厳しかったかも知れません。

リーシュコードもそれほど古くなかったのですが
(使用して6ヶ月ほど)、それ以降もリーシュコード
は常に3本ほど常備して大きい波の時など使い分けています。

ちょっと脱線しましたが、
とにかく波に巻かれた時の対策をとる事です。

1つはスキルを上げていくことで回避
できることが増えてきます。

もう1つはあえて波に巻かれる経験をすると言う事です。

危険なのでサーフボードは外して足の着く位置で
構いませんので、波が来たら横向きになって手で
頭を守る姿勢のままグルグル巻きになってみます。

人が見たら何やってんの?と言う目線は
気になるかも知れませんが、初心者で巻かれた時
の対応に自信が無い人は是非トライしてみて下さい。

サーフィンの死亡事故、特に波に巻かれた時に
対処する事をお伝えしてきましたが、

もちろん自分の技量以上の波の時は
やらない勇気も大切です。

長く波乗りライフを楽しむ場合は無理はしない事です。

だからと言ってあまり恐怖を感じることもありません。
これまでの波乗りライフでサーフィンの知り合い
はたくさんいますが僕の知り合いで溺死した人は皆無です。

ニュースなどでたまに取り上げられるので
必要以上に恐怖を感じるかも知れませんが、
あまり恐れる必要もありません。

ただ備えておく事は大切なので
特に波に巻かれた時の対処法は
知っておいて下さい!

「華麗な走りで自分のソウルに気づく。
波が音楽でそれに合わせて自分が踊る。
サーフィンは自由だ」

by カリナ・ロズンコ

私のライフワークでもある
「幸せなサーファーを海へ送り出す!」
BSカレッジ(ビジネスサーフ大学)の方も
好評ですのでご興味ある方は是非ご覧ください!

可能ならお金にも時間にも豊かな
サーファーを目指しましょう!
↓ ↓ ↓
https://bscollege.jp/

 

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA