サーフィンで湘南移住のメリット・デメリット?

こんにちは。
湘南ソルサーフ代表の山本です。

 

本日はサーフィンで湘南移住の
メリット・デメリットについてお伝えします。

 

そもそも湘南とはどこからどこまででしょうか?

 

色々な論争?が巻き起こっており、
神奈川県の黒岩知事がfeel shonan
というプロジェクトで

https://www.feelshonan.jp/

 

湯河原から三浦半島の三浦や横須賀など
相模湾に面しているところは全て湘南だと。

 

*Feel Shonanサイトより

びっくりするぐらい広いです(笑)。

 

僕は個人的に大磯町から葉山町までの
海に面したエリアだと思っています。

 

小田原や湯河原、横須賀や三浦は
湘南というイメージはありません。
(個人的にはですよ)

 

ちなみに僕は藤沢市の片瀬海岸という所に移住しました。
134号線沿で目の前は片瀬西浜海岸と鵠沼海岸の海が広がります。

鵠沼海岸です。

江ノ島と片瀬西浜海岸です。

 

湘南に移住したと声を大きく出しても「そこ湘南か?」
と言うツッコミは無いと思います(笑)。

 

そしてこの湘南移住のメリット・デメリット
をお伝えすると・・・

 

まずメリットです。

 

当たり前ですが海まで徒歩3分なので
サーフィンするにも海散歩するにも
アクセスが非常に良いです。

 

また常に海を感じられ、都内に出るにもそれほど
問題なく出れますし近くの藤沢駅や辻堂駅などで

買い物は全てまかなえるので買い物のために
都内に行く必要はなくなります
(行っても横浜までです)。

 

つまり海と言えば普通は田舎にあるイメージですが
都会を感じられる海がメリットです。

 

また車は所有していますが、電車も小田急と江ノ電が
近くを走っているので交通の便も良いです。
(片瀬海岸であれば車はいらないと思います)

 

近隣に店も色々あるので食事にも困らず、
スーパーやコンビニ、ドラッグストアも
色々あるので食材を含む日用品の買い物にも
困りません。

海がこれだけ近く感じられるのにあらゆる面で
便利なところがメリットです。

 

しかし当然ですがデメリットもあります。

 

まず渋滞が多いことです。

 

特に僕の家の前は国道134号線があり
週末になると混雑しまくりです。

 

また134号線に限らず、藤沢駅に繋がる
道路も良く混雑して直ぐに渋滞を起こします。

 

そして暴走族の騒音です。

 

134号線沿は夜になると毎日では無いですが
暴走族が走り回ります。

 

あいつらには殺意すら起きます(笑)。

 

いつか本気で暴走族を排除しようと
今から計画しているぐらいです(もちろん合法的にです)。

 

マンションの構造自体が防音強化されているので
窓を閉めればそれほどでも無いですが、

 

暴走族の騒音は134号線沿に住んでいる住民の
悩みの種では無いでしょうか。

 

それからサーファーの数が尋常でない事です。

 

日本一混雑すると言っても過言では無い
鵠沼海岸にはサーファーが恐ろしくたくさんいます。

 

僕は週末は海に行きませんがサーファーが
多いために避けている部分もあります。

 

サーフィンだけを目的に湘南移住するのであれば
平塚や茅ヶ崎、大磯町のあたりが良いと思います。

 

もちろんより良い波や空いてる環境を
求めるのであれば湘南ではなく千葉や宮崎などの方が
ベターなのは言うまでもありません。

ただ僕は湘南移住がサーフィンだけの
目的では無いので満足しています。

 

上記デメリットを理解した上で
湘南でオススメなエリアは藤沢・鎌倉・逗子・葉山
では無いでしょうか。

 

上記デメリットが我慢ならない場合は
大磯町・平塚・茅ヶ崎がオススメです。

 

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA