ロングボードでプルアウト

こんにちは。
湘南ソルサーフ代表の山本です。

 

今回はサーフィンのロングボードにおける
プルアウトについてです。

 

プルアウトとはライディング中に何らかの
危険が迫ったり(衝突など)、

 

波が崩れてそれ以上その方向に進めないと
判断した時など自らの意思でボードを操作して
波乗りを止める事です。

 

もちろんそれ以上先に進める場合でも
プルアウトして止める事もあります。

 

例えばアウト(沖)で大きな波がブレイクしている時
などは途中でプルアウトしてまたアウト
に向かったりもします。

 

岸まで乗っても良いのですが、
またアウトに出るのが大変だからです。

 

似たような表現にワイプアウト
というものもあります。

こんな状態ですね。

ワイプアウトは自分の意思とは関係なく、
波に巻かれてボードから落ちたりする事を言います。

 

ワイプアウトした時はとにかく落ち着く事が大切です。
またなるべく危険を回避できるように海の中では
頭を腕で抱えて守るなど行いましょう。

 

以前にこちらの記事でワイプアウトについて
書いていますので参考にして下さい。

サーフィンのワイプアウト

 

今回はワイプアウトではなく、
「プルアウト」の方です。

 

プルアウトはとにかく覚えておいて損はありません。

 

特に僕のようなクラシックなシングルフィンの
ロングボードはライディングを止める時に
ボードを飛ばす訳には行きません。

 

それは大きいのと重いのとで人に
当たったら大変だからです。

 

ロングボードはテイクオフが簡単だから
楽だ!という雄叫びをあげてる場合では無いです(笑)。

 

ロングボードはテイクオフは確かに楽ですが、
それ以降特にシングルフィンのクラシック
ロングボードはテイクオフ後がとても難しくなります。

 

その中に含まれるのがプルアウトです。

 

コツとしては基本的にテール寄りにポジションを取り、
レギュラースタンスなら右足、グーフィースタンス
なら左足でテールをキックしながら
波の裏側へ目線を向けて回転させます。

 

回転までさせなくてもテールをキックして
ボードを止める事が最優先です。

 

少しプルアウトとは違いますが、
ボードのノーズ付近にいてテールまで
戻れない場合はその場でしゃがみ込んで片方の手で
ボードのレールを掴んで抑え込みます。

 

とにかくボードを流さない事に集中する事です。

 

特に初心者サーファーが多い週末などはプルアウト
しまくりですが、逆にプルアウトできないと危険です。

 

自宅でもプルアウトのシーンを
イメージしながらその動きを練習して体に
染み付けちゃいましょう!

 

「禅は自己と一体になることだ。
サーフィンも同じだよ」
by ディック・ブリューワー

私のライフワークでもある「幸せなサーファーを生み出す!」
為のビジネスサーフ大学の方も好評ですので
ご興味ある方は是非ご覧下さい!

貧乏サーファーではなく(それでも良いのですが・・・)
可能ならお金にも時間にも豊かな
サーファーを目指しましょう!
 ↓ ↓

ビジネスサーフ大学

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA