初心者サーファーの動きパドリング編

こんにちは。
湘南ソルサーフ代表の山本です。

今回は初心者サーファーの動き
パドリング編についてお伝えします。

僕がサーフィン指導をしている時に
全員が全員という訳ではありませんが、

初心者サーファーに共通して感じる
パドリングの動きが以下3つあります。

1:足が開いている

2:顔(頭)が落ちている

3:浅くこいでいる

 

それぞれ順番に見ていきましょう。

<1:足が開いている>

沖に出る際に、テイクオフする際に足が
開いた状態でパドリングをしています。

足を開くのは本能的にバランスを
取ろうとしているからですが、

返ってバランスを崩す原因になり、
バランスを崩しているので前に向かう
推進力も減ってしまいます。

どうしても足が開いてしまう場合は
片足を曲げた状態でパドルするか、

両膝を曲げて足だけをつけて
パドリングすることを意識してみて下さい。

<2:顔(頭)が落ちている>

これも沖に向かう時、テイクオフの時の
両方で見られますが顔または頭が落ちているので
バランスを崩すケースがあります。

顔は少し上げて少しだけ胸を張る意識で
行うとバランスが取れるようになります。

ただしロングボードの場合はテイクオフ時に
波のパワーが弱い時などあえて顔または頭を下げ
あごをボードに付けるぐらいの体勢でパドリング
する時もあります。

それは波のパワーが弱いため、
前重心を更に強めて波に
乗り遅れないようにする為です。

そこは波に応じて使い分ける必要は
ありますが、基本的には顔または頭は下げず
胸を少し張るイメージでパドリング
するようにしてみて下さい。

<3:浅くこいでいる>

これは特にテイクオフ時に見られます。

テイクオフでパドリングをする時に、
勢いをつけてパドリングしているように
見えますが海面の上をこすっているだけ
のようなパドリングになっています。

この現象は次のテイクオフの動きを本能的に
感じて腕を深く水中に入れられないのが
1つの原因だと思います。

そのため浅くこいでしまうので進んでいきません。

テイクオフは波に押された後にしか
動き出せないのでまずは波に押される
必要があります。

テイクオフ時のパドリングでは波の
推進力を得る事に集中しましょう。

そしてテイクオフ時のパドリングは肩まで
入れるぐらいの気持ち(実際に肩まで入れる事
は不可能ですが)、腕を水中まで入れたら後ろまで
しっかり漕ぐ事を意識してみて下さい。

パドリングはサーフィンの基本です。

波を捉える練習として立ち乗りして
サーフィンをするケースもありますが、

なるべく立ち乗りからではなく、
波待ちから直ぐにパドリング体勢に入り、
実際にパドリングで乗れるようにしましょう!
(立ち乗りに慣れると一連の正しい動きが出来なくなります)

コツが分かれば波によっては思いっきり
パドリングをしなくても、あるいはほぼ
パドリングをしなくても波に乗れるような
ポジションに入れるようになります。

ただこのポジションを取る時にもやはりパドリングが必要です。

自宅でもパドリングの動きだけは
行ってパド筋を鍛えておきましょう!

「サーファーは海の鼓動に乗っているんだ。
だって海のエネルギーと直接繋がっているから。」

by ラスティー・ミラー

私のライフワークでもある
「幸せなサーファーを海へ送り出す!」
BSカレッジ(ビジネスサーフ大学)の方も
好評ですのでご興味ある方は是非ご覧ください!

可能ならお金にも時間にも豊かな
サーファーを目指しましょう!
↓ ↓ ↓
https://bscollege.jp/

 

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA