キムタクの年間サーフィン回数?NALU 1月号(サーフィンと旅)

こんにちは。
湘南ソルサーフ代表の山本です。

本日はいつものように雑誌ナルーの紹介です。

【本の情報】

タイトル:NALU 2022年1月号 (サーフィンと旅)

著者:NALU編集部

<目次>

NALU編集部紹介記事より

■Special: SURF EXPLORER / サーフィンと旅

サーフトリップ――。

それは、すべてのサーファーにとって究極のサーフィンの形態だ。
自分の殻を破り、自由を感じることができる。

そして様々な目的や理由、大義名分、いや、もはやそれらを探す行為であったりもする。
今号では、そんな旅するサーファーの心を潤す世界中の美しい海や心の物語をここに届けたい。

サーフィンをするということは、旅をすることと同じなのである。

◎The Gallery: Surfers Dream Wave / 一生に一度は乗りたい波

Skelton Bay_Namibia / Simeulue_Indonesia / Secret River Mouth,
North Coast_Dominican Republic / Haiti / West Sahara / Haida Gwaii_Canada
/ Mangawhai Heads, North Island_New Zealand / Impossibles,
Bali_Indonesia / Lighthouse, Mentawai Islands_Indonesia / Arugam Bay_Sri Lanka

◎Stories: Surftrip_Izu / West
波乗り温故知新 / 人知れず、旅。

■Stories: SUPER SWELL SATURDAY / 10年に一度、巨大なうねりの到来。

■Coming soon: NALU VINTAGE MARKET

■Regular

今号の『日本ロングボード紀行』は特大版で御宿をクローズアップ。
さらに第21回目を迎えた人気連載『木村拓哉、海辺の時間。』ほか、
連載『EXPOSURE』第2回目に登場するのはサーファー
小橋賢児さん。そのほか人気企画も健在!

【本のピックアップポイント】

雑誌につき割愛します。

【本の着眼ポイント】

本日はNALUの最新号です。

今回も非常に興味深い内容盛りだくさんでした。

メインテーマは「サーフィンと旅」サーフトリップは
サーファーなら非常に憧れるスタイルですよね。

お気に入りのボードを持ちながら、
まだ見ぬ世界の波に乗ってみる・・・

考えるだけでもワクワクします。

そんな中で一生に一度は乗りたい波として
世界の波が紹介されていました。

ハイチ、ナミビア、ドミニカ共和国、インドネシア、
ニュージーランド、西サハラ、カナダ、スリランカ・・・

それぞれ出てくる写真の波を見るだけでそこで
波乗りしている想像を掻き立てられます。

あまりにも綺麗な写真なので部屋に飾りたいぐらいです。

そして実際に国内のサーフトリップ企画が2つ展開され、
1つは伊豆今井浜へ名だたる有名サーファー5名が繰り出します。

今井浜と言えば、今村大介プロが有名ですが
彼を中心とした仲間のサーフトリップが堪能できます。

もう1つは瀬筒雄太さん(日本を代表する
ロングボーダー)が場所は不明ですが、
西方面へ繰り出します。

2つの企画は対象的な印象を与え、特に雄太さんの
サーフトリップはその文章力から読んでいるだけで
引き込まれてしまいました。

彼も多くのサーファー同様にコロナ禍
に起きたサーフィンの悲劇(サーファーが
叩かれまくった)を感じ、

彼なりにその時期にキープパドルを
していた心境が綴られています。

素晴らしい文章力にとても感銘を受けました。

そしてマウイ島ジョーズのスーパースウェルサタデー
と呼ばれたビッグウェーブの特集も見応え満載です。

いつものロングボード紀行の場所は千葉の御宿です。
案内役はYouTubeのぴろたんでお馴染みの吉川広夏プロです。

ちなみに彼女のYouTubeはロングボーダー
には分かりやすくてオススメです。

こちらです。

さらにキムタク兄さんのコーナーは彼が忙しすぎて時間が取れず、
NALUスタッフが彼の映画撮影現場に行ってインタビューするという形でした。

そのインタビューの中で今年のサーフィン回数を
伝えていたのですが何回だと思いますか?

何と「5回」だそうです。

NALUの撮影が無かったら行けてなかった
かも知れないぐらい忙しかったそうです。

回数は5回でもその1回の集中力がハンパでは
なくとても数回しか波乗りしていないような
パフォーマンスではないと。

周りのスタッフが感じているようですが、
いつでも海に入れるようにトレーニングは
重ねて備ているようです。

陸トレ・・・大事です。

その他面白いコンテンツ盛りだくさんなので
是非読んでみてください!
↓ ↓
NALU 1月号

「もし今日が悪い日になったなら、
波に乗れば解決するよ。

by カリナ・ロズンコ

私のライフワークでもある
「幸せなサーファーを海へ送り出す!」
BSカレッジ(ビジネスサーフ大学)の方も
好評ですのでご興味ある方は是非ご覧ください!

可能ならお金にも時間にも豊かな
サーファーを目指しましょう!
↓ ↓ ↓
https://bscollege.jp/

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA