パドリングを楽にするコツ(サーフィン)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日はパドリングについてです。

 

以前にもお伝えしましたが、
サーフィンは基本的に

 

パドリング・テイクオフ
という動作が必要になります。

 

そしてパドリングの重要性に
ついても伝えました。

パドリングの重要性(サーフィン)

 

海でパドリング疲れしないためにも
家で1日10回でも良いので

 

深く肩甲骨を動かす意識を持ちながら
腕立て伏せなどのトレーニングは
行なっていた方がベターです。

 

そして実際に海でパドリングを
する時に楽なコツがあります。

 

慣れていない人はパドリングが浅く
空中では肘が常に「くの字」に曲がった
ままパタパタ動かしています。

 

慣れて上手い人は綺麗に腕が伸びて
空中では真っ直ぐな状態です。

 

そしてこの真っ直ぐな状態を保ちながら
海に手を入れる前に握手をするように

 

手のひらを内側に向けながら行うと
非常に楽になります。

 

陸上のイメージで言うと・・・

 

今、流行りのソーシャルディスタンス
を保ちながら思いっきり手を伸ばして
握手をする感じです(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

思いっきり手を伸ばして握手を
するように海面から手を入れて
ボードの下を通るように漕ぐ。

 

これで手のひらは水面の抵抗も
避けられること、

 

そして思いっきり手を伸ばして行うので
基本的には肩甲骨付近、

 

肩の大きな筋肉を使って動かしますので
細かくパタパタ動かしているよりも
疲れません。

 

さらに思いっきり漕げるので
推進力も増していきます。

 

以前もお伝えしましたが、
その際には若干胸を反り、
足を揃える(足を開かない)
と安定感が増すので良いです。

 

波打ち際で立ち乗りしている
だけならパドリングは必要ない
かも知れませんが・・・

 

それではすぐにライディングも
終わってしまいつまらないですね。
(それはそれで楽しめるなら良いですが)

 

パドリングで沖へ出て、
パドリングで波に乗るという
流れでサーフィンをする方がやはり
何倍も楽しいです。

 

テイクオフの動きも大切ですが、
パドリングの動きも大切です。

 

パドリングも上達させていきましょう!!

 

「もう何度も何度も波に乗らなくても
いいんだ。感じとれるからね。」

by ウェイン・リンチ

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA