ブレス あの波の向こうへ オススメ映画

【ブレス あの波の向こうへ オススメ映画】

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日はオススメ映画を紹介します。

 

*僕は週に1本の映画または
海外ドラマは必ず見ている
映画・海外ドラマ好きです。

<オススメ度(あくまでも個人見解)>

★(時間の無駄)
★★(時間があれば)
★★★(普通)
★★★★(見た方良い)
★★★★★(絶対オススメ)

 

【本日の映画:】ブレス あの波の向こうへ

<オススメ度:★★★

 

 

<あらすじ>

<以下映画紹介文より>

オーストラリアで最も栄誉ある
マイルズ・フランクリン文学賞を受賞した
ティム・ウィントンによる自伝的小説

 

「ブレス」を、『プラダを着た悪魔』(06)や、
TVドラマ「メンタリスト」(08-15)で
第61回エミー賞主演男優賞にノミネートされた
人気俳優サイモン・ベイカーが主演&初監督を
務め映画化。

 

実際にサーファーである2人の少年を
メインキャストに抜擢し、初演技とは思えない存在感を
示すことに成功。姿を印象的に演じている。

 

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
(17)などに出演するエリザベス・デビッキが少年たちを
翻弄させる女性として登場。才人サイモン・ベイカーが、
原作に惚れ込んで取り組んだ、みずみずしい
魅力にあふれた大ヒット作。

 

【ストーリー】

スリルを求めて出会ったサーフィンが、
少年たちを成長させていく70年代、
オーストラリア西南部の小さな街。

 

正反対な性格の少年パイクレットと友人ルーニーは、
刺激を求めて冒険に明け暮れる日々を送っていた。

 

ある日彼らは、ミステリアスな雰囲気を漂わせる
サンドーと出会い、サーフィンを教えてもらう。

 

サンドーはかつて名を馳せた伝説のサーファーで、
連日のように少年たちを海にいざなう。

 

そのスリルや魅力にのめり込んでいき、少年たちは
いつしかサンドーを人生の師と仰ぐようになる。

 

彼らは次々に大きな波に挑戦していくが、友人だった
パイクレットとルーニーは、成長するとともに強い
ライバル心を燃やすようになっていく。

 

そんな折、パイクレットはある出来事によって、
サンド―と対峙し自分の生き方を見つめるようになる…。

 

<感銘を受けたポイント>

 

オーストラリアアカデミー賞に
9部門ノミネートされた作品です。

 

海外ドラマで有名な「メンタリスト」
主演のサイモンベーカーが監督、脚本、主演
を務めています。

 

サイモンベーカー自身もサーファーで
映画でもその技術を発揮しています。

 

サーフィン大国オーストラリアならではの
雰囲気でアメリカ発のサーフ映画とは
違った独特な雰囲気が醸し出されています。

 

サーフィン映画にストーリー性を求めるのは
酷ですが、映画全体のストーリーがあまり
深くはないという印象を受けました。

 

全体的なストーリーはマーヴェリックスに
若干似ているかな〜と。ただマーヴェリックスの方が
やはり優れているとは感じました。

 

以前書いたマーヴェリックスの記事はこちら
https://solsurf.fun/archives/1294

 

しかしサーフシーンは結構見応えあります。

 

サイモンベーカーだけでなく、
主人公の2人の少年も実際にサーファー
という事で見事に大波を乗りこなしています。

 

それから主人公の1人の少年の父親役の
俳優さんが「ミッションインポッシブル2」の
敵役として結構インパクトあった人
だったので個人的に懐かしさを感じました。

 

サーフィンをやらない人には
あまりオススメではありませんが、

 

サーフィンをやる人、
これからやりたい人にとっては
是非オススメします!
↓ ↓

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA