書評(ハートドリブン)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日は書評をお届けします。

【本の情報】

タイトル:ハートドリブン
著者:塩田元規

<目次>

プロローグ:これからの時代を生きるあなたへ
チャプター1:ワクワクや繋がり。心の時代へのビッグシフト
チャプター2:僕自身の起業物語
チャプター3:1つの進化は次の進化へのプロセス
チャプター4:魂の進化とそれを阻むモンスターや罠たち
チャプター5:魂の進化は無駄が大好きだ
チャプター6:旅を経て思う、ハートを中心とした経営スタイルへ
チャプター7:さぁ、ハートの扉を開く旅を一緒にスタートしよう
エピローグ:つながりの中の奇跡

【本のピックアップポイント】

・これからの時代を生きるあなたへ

・アカツキはハートを大切にしたから成長できた

・新しい世界で生まれる不安や葛藤

・見方を変えてみよう!世界はもう心の時代へ入っている

・世界に起こっている3つの変化

・これからの世界の可能性

・これからの世界で大切なことは内側にある。魂の進化

・スタートは父親の死

・ハッピーカンパニープロジェクトで出会いと見えた夢

・明確になった夢。決めた覚悟。とにかく努力

・力を求めてDeNAで戦い続けた自分

・そして起業。とにかく全力で走ればいい

・力に縛られた自分に気づく。大切なものを思い出す

・3期目に起こった大失敗。それは魂の進化のサイン

・逆風の中での上場の旅

・気づかないうちに変わる行動。罠に落ちる

・ネガティブな感情も受け入れる

・自分の本当の姿を明らかにする旅

・観念というモンスター

・偽ダイヤを追いかけているという罠

・コントロールドラマというエネルギーの奪い合い

・環境にも潜む罠

・魂を進化させる鍵はメタ認知と感情につながる事

・ハートを中心とした経営スタイルへ

・感情価値・意義を中心に置く

・分かち合いを中心としたハートドリブンな組織

・無駄や遊びが価値を作る

・これからのリーダーシップ

・感情価値は日本の可能性を開く

【本の着眼ポイント】

 

本日はアカツキ創業者の
塩田元規さんのハートドリブンです。

 

書籍のプロデュースは幻冬舎の箕輪さん
という話題の書籍です。

 

ハートドリブンというタイトルの
副題として、

 

「目に見えないものを大切にする力」

 

とあります。

 

最初の印象は上場企業の創業経営者が
伝える書籍としては珍しい
トピックだなーと。

 

そして著者は過去にゴリゴリの
理詰めで経営をしていたスタイルから、

 

ハートを大切にしていく経営に
切り替えて業績も良くなったとの事。

 

僕はランチェスター経営という
ハートを大切にするという経営戦略とは
離れた戦略をベースに自社の経営や
クライアントの指導をしますが、

 

このようなハートを大切にする
という考えは実はとても大切です。

 

要はバランスだと思いますが、
著者は魂の進化や自分の内側という
言葉を良く使われます。

 

中でも印象的な言葉が、

 

「自分の内側をアップデートして
意識的に生きないと、無意識の行動は変わらない。

同じ行動を取り続ける。

だから同じような課題がパターンのように常に
自分の目の前に突きつけられる。

課題をクリアしたはずなのに、しばらくすると
似た課題が発生するという経験はないだろう。

その時こそ内側の進化が
求められるタイミングだ。」

 

自分の内側や内面、魂などを大切にし
それを経営に取り入れる事で大きく
飛躍しているアカツキ。

 

これからの経営には欠くことの
できない要素だと読んでいてうなずく
事だらけでした。

 

著者はかなり金銭的にも苦労を
重ねて今のマインドを形成してきました。

 

ビジネスで行き詰まっている
と感じる人には眼から鱗の発見が
あるかも知れません。

 

オススメです!!
↓ ↓

 

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA