サーフィンの重要なスタンス

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

今日はサーフィンで波に乗った後に
取る足のスタンスの重要性についてです。

 

左足が前に自然と出る人は
レギュラースタンス。

右足が前に自然と出る人は
グーフィースタンス。

右利きの人はレギュラー
スタンスの人が多いですね。

 

もちろん例外な人もいますが。

 

レギュラースタンスでも
グーフィースタンスにしても
大切な事があります。

 

それは見た目の格好良さです。

 

どうしてもボードの上に乗って怖かったり
するとスタンスがガニ股になったりします。

 

もっと極端にやるとこんな感じです。

 

この画像は極端ですが、
後ろ足(レギュラーなら右足)が
外側に開いてしまっている状態な
人は良くいますよね。

 

見た目ももちろんあまりカッコよく
無いのですが、ライディング中の
安定感も落ちます。

 

コツとしては後ろ足の膝を内側に
絞るようなイメージです。

 

こんな感じです。

波によっては前膝(レギュラーなら
左膝)も内側に寄せるイメージで
踏み込むと色々なアクションを
起こしてもボードの上で安定します。

 

もちろんミドルやロングボードで
あればボード自体に安定感があるので
そこまで膝に意識はいらず直立でも
問題はないですが。

 

ただ長いボードでも動かせると楽しいので
そうなると膝の入れ方が大切になります。

 

何よりも見た目がガニ股だとカッコ良くは
無いのでもしガニ股癖のある人は陸上で
テイクオフの動きをしながら後ろ足の
膝を入れる意識を持って練習してみましょう。

 

見た目も安定感も良くなるので
一石二鳥ですよ!

 

サーフィンというスポーツにおいて
最も素晴らしいことの1つは、
必要なものが3つしか無いということ。

体とサーフボード、そして
波さえあればいいんだ。

by ナイア・グリーン

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA