オススメ映画(イン・ゴッズ・ハンズ)

【オススメ映画(イン・ゴッズ・ハンズ)】

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日はオススメ映画を紹介します。

 

*僕は週に1本の映画または
海外ドラマは必ず見ている
映画・海外ドラマ好きです。

<オススメ度(あくまでも個人見解)>

★(時間の無駄)
★★(時間があれば)
★★★(普通)
★★★★(見た方良い)
★★★★★(絶対オススメ)

【本日の映画:イン・ゴッズ・ハンズ】

<オススメ度:★★★★>

<あらすじ>

シェイン、ミッキー、ケオニ
という3人のサーファーが

 

ビッグウェイブを求めて世界中を
旅していました。

 

そんな中でジョーズと呼ばれる
ハワイでのビッグウェイブの噂を
聞きつけて、

 

3人がそこへ向かい挑戦しますが・・・

 

<感銘を受けたポイント>

 

サーフィン映画では通常スタント
を使いますが、

 

この映画では実際のプロサーファーが
役を演じており(演技も上手い!)

 

スタントなしでビッグウェイブに
挑む姿に迫力を感じます。

 

またビッグウェイブだけでなく、
普通の波(と言ってもでかい)の

 

ライディングも素晴らしく見応え
がありますね。

 

ビッグウェイブ時の
ワイプアウトの危険性や対処法
が随所にあり、

 

サーフィン(特にビッグウェイブ)
の危険をしっかり伝えている

 

ところも他のサーフィン映画
にはあまりない光景です。

 

ビッグウェイブにトライする
人たちは破天荒なイメージは
ありますが、

 

しっかり準備を怠らずに
挑む姿勢の必要性も説いていますね。

 

またビッグウェイブに挑むために
水上バイクを使用することで
もめるシーンがありますが、

 

確かにそれってサーフィンかな?

 

と感じさせる部分でもあります。

 

「俺はパドルで乗る」と
頑なに自分を通したミッキーの
言葉が残りますね。

 

サーフィンの中にある「死」
というテーマにも向き合い、

 

映画タイトルの
「神の手に包まれる」
(in gods’s hands)

 

状態こそまさに波乗りしている
状態だな~と感じた映画でした。

 

是非オススメします!
↓ ↓

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA