サーフィンvsゴルフ

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日はサーフィンとゴルフ
についてお届けします。

 

おじさんの代表的なスポーツ
といえばゴルフです。

 

ゴルフ人口も減少傾向に
ありますが、

 

おじさんにはまだまだ人気の
あるスポーツです。

 

僕もゴルフはしますが、
その面白さやメリットは
非常にあると感じています。

 

あの大きなフィールドに
似つかない小さなボールを

 

小さな穴になるべく少ない
打数で入れる。

 

ドライバー打ったショットが
フェアウェイど真ん中に

 

抜けていく爽快感は非常に
ありますね。

 

ゴールに向けた(少ない打数で
穴に入れる)戦略を練るのも
楽しいですね。

 

そしてサーフィンとゴルフの
類似点は自然の条件が大きく
影響する点です。

 

サーフィンは海や波、風などに
かなり影響を受けます。

 

ゴルフは天候や風などに
かなり影響を受けます。

 

コスト面ではどうでしょう。

 

ゴルフはコスト面では
大きくかかります。

 

最近はかなりゴルフ場料金も
安くなっていますが、

 

それでも土日ではまだまだ高く、
ゴルフ場に行くまでの交通費など
ランニングコストも相当かかります。

 

サーフィンも道具面で最初に
コストはかかりますが、

 

ランニングコストとしては
ゴルフと比較して相当低いです。

 

ビジネス面ではどうでしょう。

 

ゴルフはコミュニケーションが
取りやすく対人に関する
ビジネス面では大いに役立ちます。

 

サーフィンもそこは可能ですが、
ゴルフほどではありません。

 

ただサーフィンは自身の
ビジネス力を上げるパワーは
あります。

 

それは以前にもサーフィンが
ビジネスに役立つ理由でも書きました。

 

こちらです。

 

運動面ではどうでしょう。

 

ゴルフは程よく
ウォーキングができますね。

 

無理のない運動ができるので
シニアに人気なのかもしれません。

 

一方でサーフィンはゴルフの
ようにウォーキングレベル
よりも負荷はかかります。

 

ただしそれは個人の判断に
かなり依存します。

 

つまり波が穏やかな時を選び
無理をせずに行えば程よい
水泳レベルの運動になります。

 

もちろんサーフィンは海や波の条件に
よってはアウトに出るまでに

 

結構ハードな運動量が要求されます。

 

本番に向けた準備はどうでしょう。

 

ゴルフもサーフィンも実際に海や
ゴルフ場でプレーする前に普段からの
トレーニングは重要になります。

 

ゴルフ練習場で打ったことも
ない状態でゴルフ場に行っても
まともにゴルフなどできませんね。

 

サーフィンも普段からトレーニング
をしていなければまともに
サーフィンなどできません。

 

サーフィンとゴルフは一見すると
真逆のイメージはありますが、
意外と共通点も多くあります。

どちらが良いというよりも
場面によってどちらも行う
スタンスでいることで

 

お互いの良さを改めて
感じることが可能です!

 

ただやっぱりサーフィンの
方が好きですが・・・

 

「自分の好きなことをして
楽しみながら自分を創り上げる。

サーフィンはそれを可能に
してくれる。」

by コーリー・コーラピント

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA