書評(立ち読みしなさい!)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日は書評をお届けします。

【本の情報】

タイトル:立ち読みしなさい!
著者:苫米地英人

<目次>

序章:あなたの瞳は子どもの頃のように
   キラキラ輝いてますか?

第1章:スタートライン

第2章:最初の分岐点

第3章:見えない鎖を引きちぎれ!

第4章:気づくことすら出来ないことがたくさんある

第5章:2番目に大切なこと

第6章:人生のアンテナ

第7章:お金を稼ぐ

最終章:夢を叶える最終兵器

【本のピックアップポイント】

・砂漠に水を撒いていないか?

・あなたの夢の原型は?

・夢を叶える最初のステップ

・ゴールは1つ手段や方法は無限にある

・本当にやりたいことは勝手にする

・コンフォートゾーンは私たちのマイルーム

・真犯人を突き止めろ!

・夢を踏み潰す専門家

・暗闇にあかりを灯せ!

・エフィカシーは全てに影響する

・ラスという便利なアンテナ

・お金は稼ぎ方より使い方

・情報の断捨離

・夢を叶える最終兵器

【本の着眼ポイント】

本日は苫米地英人さんの
立ち読みしなさい!
という本です。

 

カーネギーメロン大学博士で
認知科学者でも有名な人ですが、

 

テレビなどでの言動を聞くと
彼の天才性をひしひし感じます。

 

それから言っていることも
何か複雑で頭の悪い僕には良く
分からなかったので(笑)、

 

彼の書籍を読むことなど一度も
ありませんでした。

 

しかしこの立ち読みしなさい!
という本は知り合いが話していて
興味を持ち買ってみました。

 

そして読んでみると・・・

 

確かに面白い。

 

帯には「美しいほどシンプルな
成功術」と書いていますが、
本当にその通りです。

 

特に人がどうして目標や夢を
叶えられないのかということが
明確に書かれており、

 

逆に言うとそこを意識して行動
していけば良いということです。

 

色々書かれていますが、
そのうちの1つには

 

コンフォートゾーン(快適領域)
から出る必要があるという事です。

 

コンフォートゾーンは決して
プラスな領域だけでなく、

 

自分にとってマイナスだと
感じる領域でもそこに
とどまろうと人間の本能が働きます。

 

例えば年収の低い人が
年収をあげようと頑張り
たいとします。

 

しかし既にその年収が低い状態が
一種のコンフォートゾーンとなり

 

その領域に本能レベルでは
戻そうとしていきます。

 

その本能レベルを僕は良く
現状維持メカニズムという
伝え方をしていましたが、

 

彼はホメオスタシスと伝えています。

 

日本語で「恒常性維持機能」
というらしいです。

 

この人間の持って生まれた
ホメオスタシスのおかげで

 

頑張って目標を達成しようと
決意してもまた元に戻されて
しまいます。

 

そこには意志が強いとか
弱いとか関係ないと彼は言います。

 

またホメオスタシスはボクシングで
言うところのヘビー級チャンピオン
クラスの実力者で

 

現状維持を司る門番として
あなたが変わらないように常に
見張ってると言います(笑)。

 

この門番を打ち破る方法の1つに
コンフォートゾーンを書き換える
ことを推奨しています。

 

それはなりたい、達成したい
世界をイメージすることです。

 

それも常にイメージして
いることです。

 

つまりコンフォートゾーン
から抜けてホメオスタシスに

 

打ち勝つにはまずはゴール設定
が必要になります。

 

その細かい方法は省きますが、
これは確かにその通りです。

 

そして2番目には自信を持つ、
彼曰く「エフィカシーが高い」
状態に自分をもっていくという事です。

 

そのためにネガティブマインドを
追い出す習慣を身につけ土台を作り、

 

小さな変化から行動に移していく
という事です。

 

根拠のない自信という言葉が
良く言われますが、

 

様々な成果を出している人は
総じてエフィカシーが高い状態に
ある人だという事です。

 

ここまででもほんの一部だけを
紹介しましたが、

 

まだまだためになる要素が
たくさん入っています。

 

「立ち読みしなさい!」
という書籍名からすると

 

とてもリンクする内容では
ありませんが、

 

夢や目標を叶えたい、
でもいつも同じ事を
繰り返している・・・
と感じている人には

 

是非読んでほしい1冊ですね。
オススメです!!
↓ ↓

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA