オススメ映画(チェイシング・ドラ)

【オススメ映画(チェイシング・ドラ)】

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日はオススメ映画を紹介します。

*僕は週に1本の映画または
海外ドラマは必ず見ている
映画・海外ドラマ好きです。

<オススメ度(あくまでも個人見解)>

★(時間の無駄)
★★(時間があれば)
★★★(普通)
★★★★(見た方良い)
★★★★★(絶対オススメ)

 

【本日の映画:チェイシング・ドラ】

<オススメ度:★★★★★>

<あらすじ>

2002年に67歳で他界した
伝説のサーファーである
ミッキー・ドラ。

 

商業化するサーフィン業界を批判し
真のサーファーを決める究極のアイディア
を提唱します。

 

それはウェットスーツは
オーガニック素材のものだけ。

 

サーフボードは自作の木製ボードで
8フィート以上の波に一番長く乗った
ものがその栄冠を手にします。

 

そのアイディアに南アフリカの
ジェフリーズ・ベイで3人の
サーファーが挑みます。

 

果たして結果は・・・

 

<感銘を受けたポイント>

ミッキー・ドラという
伝説のサーファーが提唱する
アイディアが面白いです。

 

サーフボードは9フィート6インチ
以内でシングルフィン、木製で
化学製品は一切使わない。

 

ウェットスーツもオーガニックの
素材のみ。

 

リーシュコードもダメ。
(リーシュコードは最終的に
波がデカすぎるのでOKになりました)

 

正に昔のハワイアンがサーフィン
をしていた頃のような条件です。

 

特にウェットスーツなしで
水温10度という極寒の中で

 

トランクスとベストだけの
サーフィンは辛そうでした。

 

またミッキー・ドラが提唱した
アイディアに挑戦した3人のうち、

 

1人はミッキー・ムニョスで
この人もかなり有名なサーファーです。

 

ムニョスはミッキー・ドラが死ぬ
直前に自宅へ最後の別れを告げに
行ったそうです。

 

それだけの想いと気迫を感じる
感動的なライディングでした。

 

もう間も無く70歳になる
という肉体でも

 

極寒のジェフリーズ・ベイで
8フィート以上のビッグウェイブを
トランクスとベスト、

 

木製の重たいボードという
条件の中乗りこなした
ロングライディングです。

 

海から血だらけになって
上がってきた彼を見た瞬間に
涙モノの感動が湧き起こりました。

 

ミッキー・ドラにもこの
チャレンジが届いたような
気持ちになりました。

 

ドキュメンタリータッチで
エンドレスサマーを思い出させますが、
(エンドレスサマー2に出ていた
ウィングナットも出ています)

 

背景にあるストーリー性も含めて
非常に素晴らしいサーフィン
映画でした。

 

是非オススメします!
↓ ↓

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA