業界の真逆を進む?

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日は複業ビジネススキル
として業界の真逆を進む事
についてです。

 

あなたが複業で参入しようと
している「業界」はどんな
業界でしょうか?

 

大なり小なりそこには競合や
業界の常識があると思います。

 

特に大手企業が参入している
業界で複業を起こすことは
簡単ではありません。

 

そんな市場へ入る為にはどうすれば
勝機を見いだせるでしょうか?

 

今は売っていないようですが、
以前に味噌製造で有名なマルコメが
面白い戦略を打ち出しました。

 

レッドブルに代表される
エナジードリンク市場へ
参入したのです。

 

エナジードリンクと言えば、
普通は男性向けの飲み物を
イメージしますよね。

 

しかしマルコメはあえて女性に
ターゲットを絞ったようです。

 

更に当時は塩こうじブームに乗り、
エナジードリンクのベースは
こうじにあったようです。

 

こうじの商品開発も行っている
マルコメにとって、

 

エナジードリンク販売の
“軸”はぶれていませんね。

 

変えたのは顧客層だけです。

 

ビジネス軸はぶれずに業界の
隙間を見つけるときは

 

180度真逆の内容をとりあえず
紙に書いてみる事です。

 

マルコメのように、エナジードリンクが
男性向けが業界の常識であれば、

 

真逆の女性に変えるという事です。

 

業界が即日配送であれば遅延配送。

 

業界がネット通販ならリアル店舗。

 

できる出来ないは抜きにして、
とにかく業界で展開されている

 

事業のピースを洗い出し、
その真逆を記載してみてください。

 

ポイントはビジネス軸は変えずに
集客~販売~フォローまでの
流れを洗い出し、

 

業界の真逆を書き出す事です。

 

それを眺めているだけで、
様々なブレイクスルーが見つかる
事がありますよ。

 

そこには誰も乗っていない
波が見つかる時があり、

 

湘南のように激混みポイントではなく、
ガラ空きポイントでサーフィン
(ビジネス)ができる可能性があります。

こういうトレーニングは
コストゼロで出来る事なので
是非トライしてみてください!

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA