波待ちのススメ

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

今日はサーフィンの
波待ちについてお伝えします。

 

以前にサーフィンがビジネスに良い
理由という記事の中でも書きましたが、

 

サーフィンをしている時は
沖に出てサーフボードの上に座って

 

波を待っている「静」の
時間が存在します。

 

 

この波待ちは簡単そうに見えますが、
初心者だと意外と難しいのです。

 

海面がユラユラ揺れているので
バランスを保ちながらボードの
上に乗れずに、

 

ヨロヨロと横に揺れながら
「あらよっと」みたいな勢いで

 

海の中に落ちていきます(笑)。
(どうせ落ちるなら勢いよく
落ちましょう)

 

もちろんロングボードやミドル
ロングボードであれば、

 

浮力があるので座らなくても
そのままうつ伏せの状態で
待っていても良いのですが、

 

体力の回復にはやはり
座る方がベターだし

 

波が来るのをキャッチしやすい
という意味では座って待つ方が
良いですね。

 

ボードに座った時に
安定する位置が必ず存在します。

 

それはショートでもロングでも
本質的には同じです。

 

そこを探りながら背筋を伸ばして
リラックスしながら座る位置を
見つけていきます。

安定感に欠ける場合は
少し足を海中で回転させながら

 

慣れるまでは安定させる意識で
行ってみてください。

 

また前にも言いましたが、
波待ちしながら目を閉じて

 

呼吸に集中する時にも
座って行うとやりやすいです。

 

 

そしてどうしてもサーフィン初心者の
うちは波に乗る「技術」ばかりに
目を向けがちですが、

 

波の形状を観察する力も
養う必要があります。

 

初心者のうちはダンパー
(一気に波が崩れる)だろうと
チャレンジしちゃいますが、

 

全くもって無駄な動きになりますね。

 

波が綺麗に割れて、
それが左右どちらに向かって
割れていくのか?

 

という事をしっかり見極めた方が
遠回りのようで実は近道になります。

 

特に海底が砂でビーチブレイク
と呼ばれる波では

 

時間によって波の割れる形状も
変わってきますので(海底が
変化するため)、

 

余計、波を見極める力が必要になります。

 

砂浜からももちろん観察しますが、
波待ちをしながら観察して、

 

周りの建物などを目安に
位置を把握するなど環境を分析
すると効率の良いサーフィンが
可能になります。

 

波待ちをナメる事なく
しっかりできるようにしながら

 

リラックスするもよし、
波を観察するもよしで
どんどん利用していきましょう!

 

「サーファーは海の鼓動に
乗っているんだ。

 

海のエネルギーと直接
つながっているのさ。」

by ラスティ・ミラー

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA