書評(LESS IS MORE)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日は書評をお届けします。

【本の情報】

タイトル:LESS IS MORE
著者:本田直之

 

<目次>

1:古い価値観のままでは不幸せになる時代
2:自由に生きるために変えること
3:自由に生きるために捨てること
4:新しいライフスタイルを求めて

【本のピックアップポイント】

・物質的なモノから幸福感を

 得られる時代は終わった

・ワークライフバランスは好きで無い

・自由であることは自己管理

・自由に生きるための幸せ10ヶ条

・ワークライフハピネスを目指す

・お金に頼ることをやめて工夫する

・スポーツは最高の自己投資

・副業ではなく複業でリスクヘッジ

【本の着眼ポイント】

本日はサーファーでもあり
レバレッジシリーズで有名な
本田直之さんの本です。

 

サーフィンをするビジネスマン
としてはそのライフスタイルや

 

見た目など非常に洗練されていて
憧れる人の1人ですね。

 

彼はサーフィンだけでなく、
トライアスロンにも挑戦して
そこで成果も出しています。

 

ハワイ好きが高じてハワイとの
デュアルライフも実現しています。

 

そのための準備を入念に行ってきた
からこそのライフスタイルですが、

 

思考法は本当に学ぶべきことが
たくさんあります。

 

できれば彼の書籍を全て読むぐらいの
勢いが欲しいですが、

 

厳しい場合は今回紹介している
LESS IS MOREだけでもかなり

 

時代にマッチした思考法を
身につける事が可能です。

 

取り上げたい要素がたくさん
ありすぎるので絞りますが、

 

好きなことを仕事にしたり、
デュアルライフを実現したり、

 

自由に生きるライフスタイル
を実現したりするためには

 

「ビジネススキル」が必要
だという事です。

 

ここが無ければ全ては絵に描いた餅
で本当にその通りだと感じています。

 

彼は昔の価値観では不幸に
なると断言しています。

 

大量な消費時代からシェアの
時代に変わっていき、

 

モノを大量に持つことの意味の
なさを説いています。

 

仕事にしても例えば1社で勤め上げて
定年を迎えるような価値観でもなく、

 

副業ではなく、複業こそがリスクを
回避できる仕事世界になると。

 

非常に彼の伝える価値観は
僕の中でもピッタリはまります。

 

ここで彼が提唱する幸せの新しい
10カ条を紹介しておきます。

 

1:仕事を楽しんでいる
2:いい仲間、いい家族がいる
3:経済的に安定している
4:精神的・肉体的に健康である
5:刺激のある趣味やライフスタイルを持っている
6:時間を自分でコントロールできると感じている
7:住む場所をしっかり選んでいる
8:いい考え方のクセを持っている
9:将来の見通しが立っている
10:ゴールに向かっている感覚を持つ

 

この10ヶ条が当てはまりますか?

 

もし1つでも当てはまらないなら
そこに向けて小さな1歩でも良いので
行動しましょう。

 

行動だけが唯一現実世界を
変えられる手段です。

 

ただ1点だけ。

 

彼やホリエモンなどもそうですが、
ノマドワーカー(定住しない)や

 

デュアルライフ的な
働き方やライフスタイルは

 

その人の家族環境要素に大きく
左右されます。

 

彼もホリエモンも「目の前」
に責任を持って対応するべき

 

「小さな子供」や「要介護の親」
などがいないはずです。

 

本人だけあるいは夫婦2人だけなら
いくらでもノマドやデュアルライフ的な
生き方も可能ですが、

 

多くの人達は前述した家族環境
という要素が必ず含まれます。

 

その家族環境という要素が
入ると「そんなの理想だ」
「無理だ」になりかねません。

 

「無理」と考えたら
神様は丁寧にもそれ以上の
思考を与えません。

 

その要素を含めて本田直之さんの
思考をどう取り入れるか?

 

という事も考えながら
是非読んでほしい1冊ですね。
非常にオススメです!
↓ ↓

 

 

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA