想定顧客ストーリーを書いてみる?

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日は複業ビジネススキル
として想定顧客のストーリーを
書いてみることについてです。

 

突然ですが、

 

缶コーヒーと言えば何ですか?

 

人それぞれあるかもしれませんが、
その中でも有名な

 

「ジョージア」

 

ジョージアが非常に面白い取り組み
をしています。

 

その名も「週刊ジョージア」
というスマホアプリの
コンテンツです。

 

働く男達へ5分程で読める
マンガや雑学、妄想カノジョ
なるものまで提供・・・

 

更に、アプリ内で缶の
画像撮影をするとグラビアの

 

「袋とじ」コンテンツ
まで見れる優れものです(笑)。

 

この戦略に男達が食いつき、
創刊1ヶ月で33万ダウンロードを
記録したそうですね。

 

この企画コンセプトが
「飲みながら読む」
という事らしいのですが、

 

コンセプトが生まれた
きっかけは缶コーヒーを飲む

 

場面の追跡調査で
「スマホを操作しながら」という
場面からの発想だったという事。

 

ここから学べるポイントは
本当に様々あるのですが、

 

想定顧客ストーリー(ジョージアの場合
働く男)を描いた結果生まれた
コンセプトという事です。

 

ジョージアの場合、
実際は追跡調査ですが、

 

小さい会社や個人には
そんなリソースは無いですね。

 

だから想定顧客ストーリーを
描く事が大切なのです。

 

追跡調査など必要ありません。

 

想定顧客ストーリーとは、
あなたの商品・サービスを購買する

 

想定顧客の日常生活をストーリー
に描くという事です。

 

もしあなたの商品・サービスが
解決(ニーズ)商品・サービス
であれば、

 

想定顧客が抱えている
悩みを取り入れ、

 

あなたの商品・サービスに
出会い解決するストーリーを描く。

 

もしあなたの商品・サービスが
欲求(ウォンツ)商品・サービス
であれば、

 

その代わり映えの無い日常生活から
あなたの商品・サービスに出会い

 

彩りのある日常生活に変わる
ストーリーを描く。

 

こんな事をするのははっきり
言って面倒くさいです。

 

しかし、”売れる確率”だけは
やらないよりやった方が

 

引き上がる事は経験上
間違いありません。

 

ノートとペンさえあれば
出来る作業。

 

是非トライしてみましょう!

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA