書評(カイマナヒラの家)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日は書評をお届けします。

【本の情報】

タイトル:カイマナヒラの家

著者:池澤夏樹
写真:芝田満之

<目次>

神様に着陸を禁じられた飛行機
すべてのはじまり
カイマナヒラの家
冷蔵庫の中の写真
ドライ・レイク
カパルア・キュナード・ホテルの幽霊たち
ウィンドアーファー
お春さん

【本のピックアップポイント】

・ハワイイで波乗りする仲間達
・実在するカイマナヒラの家
・若い頃にサーフィンをしていたノスタルジー感
・ハワイと同じようにゆったりした空気感
・時折はさまれる美しいハワイの写真

【本の着眼ポイント】

今日はビジネス書ではなく小説です。

 

僕のようなサーフィンとハワイが
好きな人にはたまらない本です。

 

それが芥川賞作家で池澤夏樹さん
のカイマナヒラの家という小説です。

 

普段からハワイ、ハワイ言っていますが、
この本でハワイではなく「ハワイイ」
なんだという事を改めて知りました。

 

確かにhawaiiと最後にiが2つ
付いていますね。

 

また物語の中心を描くカイマナヒラ
の家のカイマナヒラとはハワイ語で

 

ダイヤモンドヘッドの事を言うそうです。

 

そんな豆知識を入れつつ、
この物語はまるでハワイの古民家で

 

仲間たちと波乗りしているような
ゆったりした時間を感じさせてくれます。

 

実在するカイマナヒラの家に集う
若者達がサーフィンを通して様々な
人生の時間を共有します。

 

誰でも持っていた「若さ」という特権。

 

今、バリバリ若い人が読んでも
あまりノスタルジーな気持ちで
この本に向き合わないと思いますが、

 

ある程度の年齢を重ねた人が読めば
「若さ」という必ず失われる時の

 

ノスタルジーを少し切なく
感じられるでしょう。

 

それは主人公の「ぼく」その若さで
ハワイイとサーフィン三昧の

 

ライフスタイルの中
次第に時が流れ、仲間達の環境も

 

変わりカイマナヒラの家を出るまで
を通して描かれます。

 

そして最後には
そんな切なさを残しながら

 

「ぼくたちはサーファーだから、
来た波には乗るしかないんだ。

また別の波を待つよ。
でもあの家はよかった」

 

こうつぶやいて終わります。

 

物語も良いですが、
途中で挟まれてくる写真も最高です。

 

これが本を読みながらなんとも
ハワイイで仲間と波乗りしている
錯覚を起こすのかも。

 

ジェットコースターのような
ストーリー性はありませんが、

 

ハワイとサーフィンを感じながら
ゆったりとノスタルジーにしたる
心地よい時間与えてくれましたね。

 

最後に、本の中に出てくる「ぼく」
の仲間であるジェニーの言葉を
お届けします。

 

「サーフィンに出会えたら、
それでその人生はもう半分は成功なのよ」

byジェニー

 

めちゃくちゃオススメです。
是非ご覧ください。
↓ ↓

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA