塩風呂でスピリチュアル?

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

今日は健康スキルとは少し
ズレますが、

 

塩風呂でスピリチュアル
についてお伝えします。

 

塩風呂を語る前に海についてです。

 

 

まず海といつもお伝えしている
サーフィンは当たり前ですが
切っても切れない関係です。

 

もっと大きな視点で言えば、
海は生命体が誕生して38億年中

 

34億年も僕らの祖先がお世話に
なって生きていた場所です。

 

とんでもなく長い間、
お世話になっていた故郷です。

 

女性のお腹の中にある羊水の
塩分濃度もほぼ海と同じというのは
なんとも偶然とは思えない現象です。

だから海を見ると落ち着くのかも
知れませんし、

 

海は様々なものを浄化してくれる
由縁かも知れませんね。

 

そんな海の水、海水には塩分が
含まれていますが、

 

これがミネラル摂取につながり
海外ではオーシャンセラピー

 

と呼ばれて海を利用した様々な
治療も行われています。

 

塩には色々な浄化作用が昔から
言われていますね。

 

邪気を取り払うというスピリチュアル
な意味でも良く使われます。

 

大相撲の取り組み前に土俵を
清める意味巻く塩や

 

葬式の帰りに家に入る前に
塩を撒く習慣など。

 

神社の行事でも祭壇などに
塩を供えることも良く見ますね。

 

海水と塩の浄化作用は
邪気などを払うスピリチュアル
的なものだけでなく、

 

健康にも良いとされています。

 

実際に僕は皮膚科に行って
散々薬を塗って何をやっても治らなかった

 

大人になってからのアトピー性皮膚炎が
サーフィンを再開させて綺麗になりました。

 

それが海水と関係していたのか?
はまだ分かりませんが、

 

少なくとも自分には合っていました。

 

しかし冬眠型サーファー(1~3月は
寒くて海に入れない(笑))にとっては

 

海に行けない時は海水の
恩恵にあずかれない訳です。

 

そこで色々調べて塩風呂に
行き着いた経緯があります。

 

そして塩風呂の良さに感銘を受けて
僕のセラピーの方のクライアントには

 

できれば週1回、最低でも月に1回の
塩風呂を勧めているぐらいです。

 

コストもそれほどかかりませんし、
何よりも疲れが取れやすく、

 

デトックス効果も高く、
体も心も浄化されるイメージが湧き
海に行けない(海水に浸かれない)
状態を補填してくれるからです。

 

逆に海に週1回でも行ける人は
塩風呂に入らなくても良いと思います。

 

なかなか海に行きたくても
行けない人には塩風呂は本当に
オススメです。

 

ただ注意点があります。

 

僕のようにアトピーを持っていた
(あるいは持っている)人は試してみて
炎症がひどくなりそうならやめたほうが良いです。

 

それからアトピーでなくても
皮膚に傷がある人はかなりしみて
痛いのでやめたほうが無難です。

 

それから塩風呂に入っている時は
追い炊き機能がある風呂で
追い炊きをしないことです。

 

塩風呂は粗塩と呼ばれる
精製前の塩を使います。

 

こんな安い伯方の塩とかで十分です。

その塩を大さじ2杯~4杯ぐらい入れて
良くかき混ぜて10分~15分ぐらい
つかるだけです。

 

つかっている最中は可能であれば
目を閉じて瞑想をしてみましょう。

 

瞑想が難しければ
7秒呼吸を吸って、7秒呼吸を

 

止めて、7秒~12秒かけてゆっくり
吐き出すタイミングで呼吸のカウント
だけを頭で行いましょう。

そうすると頭もすっきりして
体も汗をかいて代謝が良くなります。

 

塩風呂から上がったら体を
シャワーで洗い流して

 

ついでに塩風呂も水を抜いて
綺麗に洗い流しましょう。

 

塩を入れたり、その後に風呂釜を
洗ったりするのが面倒なのが難点ですが、

 

週1回あるいは月に1回でも
海に行くつもりで行ってみてください。

 

心と体が浄化されて最高な気持ちを
キープできますよ!

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA