サーフボードの選び方(初心者)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日は初心者の人に向けた
サーフボードの選び方を教えます。

 

まぁ、初心者の頃はサーフボードで
悩みますね。

 

もし探した経験があるなら
一度はサーフボードのサイズ表(長さや厚みなど)
を見たことがあるかもしれません。

 

細かいフィート表示(EX:6.3ft)
などで長さが表示されいて、

 

「6.3ft?細か!」って!

 

感じたかも知れません。

 

しかもft(フィート)なので
多くの換算表ではセンチメートル表示
に置き換えられています。

 

ボードのサイズ表だけを見ても
自分に合うボードは良く分かりません。

 

また少なくとも自分の体型に
合ったボードなどを選ぶという
事はまずやめましょう。

 

僕も今のボードがサーフィンを再開
させてから6代目ぐらいなので

 

 

色々試して落ち着いた結論があります。

 

特に初心者で40代以上のおじさん、
あるいは海に行ける頻度があまり多くなく、

 

日常生活で運動習慣もない人が選ぶボードは、

 

ファンボード(またはミドルロングボード)

 

です。

 

明確な基準はありませんが、
長さでいうと大体7ft~8ftぐらいのサーフボードです。

 

もちろんロングボードでも良いです。

 

ロングボードはちなみに9ft以上のものになります。

 

ロングボードはゆったり乗れて
パドリング力もそれほど必要なく乗れますが、

 

波のサイズが少し上がると
アウト(沖のポイント)に出るのも

 

大変ですし持ち運びも大変で保管も大変です。

 

以前に書籍で紹介した鈴木社長の
サーフショップのゴッデスではこのような
ロングボードもありますが。

ツーピースロングボードと言って
真ん中で2つに分かれて電車でも
持ち運びが簡単です。

 

さすがこのようなものを開発する
鈴木社長は本当にアイデアマンです。
(自転車や原付にサーフボードをつける
器具も彼の発明です)

 

このロングボードではそう言った
悩みは解消されますが、

 

普通のロングボードでは持ち
運びがとても大変です。

 

ファンボードであれば
波のサイズが小さくでも上がっても

 

ある程度コントロールして乗れるようになります。

 

もちろんパドリング力もそれほど
必要のないものです。

 

良くファン(楽しい)ボードなんて
ネーミングを付けたな~と思いますが、

 

本当にサーフボードを運んで海に行き、
波に乗り、海から出て持ち運ぶ一連の
流れが楽しいの一言です。

 

それからノーズ(先端)が
丸まっているものがベターです。

 

ノーズが尖っていると初心者のうちは
他の人を怪我させる恐れもあったり、

 

テイクオフのスムーズさを出すのが
難しいという面もあります。
(もちろんスキル次第ですが)

 

僕が現在乗っているのは7.6ftで
その前が8ftでした。

 

どちらも最高の乗り心地でとても
楽しいファンサーフです。

 

そして同時にお伝えしたいことが・・・

 

ショートボードはやめなさい。

 

という事です。

 

僕も一時はジャスティスのこの
ショートボードに切り替えた時期がありました。

大後悔です!

まぁ、乗れない、乗れない。

 

「ショートボードで技を決めて
かっこよく乗りたいな~、
持ち運びも楽で保管も楽だし。」

 

何て年甲斐もなく考えた事が間違いでした。

 

その前に9.0ftロングボードに乗っていて
ある程度乗れていたので自信過剰に
なっていました。

 

そのロングボードはこちらです。

 

ちなみにボード自体が悪いわけではないですよ。

 

ショートボードの割には浮力も
かなりある設計で作られていて
ボードは素晴らしいのですが、

 

当時の僕のスキルや体力などが追いつかず、

 

パドリングをしても不安定で
アウトにも出れず、

 

いざテイクオフしようとしても
波に置いて行かれて全く乗れず。

 

サーフィンは楽しむものなのに
「苦行」に変化していました。

 

逆に言うとショートボードで
ガンガン技を決めて涼しげに
ライディングしている人は

 

あの境地まで行くのによほどの
天性の持ち主でない限り、

 

相当な努力を積んだのだろうと
想像に難くないわけです。

 

もちろん絶対ダメだという事ではありません。

 

やる気があれば止めはしませんが。

 

中には最初からショートボードに
しないとサーフィンが上達しない
という人もいるぐらいです。

 

それはロングやミドルのように
小手先のパドリングやテイクオフでは
ショートボードではごまかせないからです。

 

ただですね、初心者で40歳を過ぎていて、
日常で運動習慣もなく、海に行ける環境も週1回が限界。

 

このレベルだとショートボードを
使いこなすのは相当ハードです。

 

無の境地を作る禅の修行などの
目的でやるならそれはそれで
意味はありますが・・・

 

楽しむサーフィンを目的に
するならまず面白くなく止める道
へ突っ走る可能性が高いです。

 

それだとせっかくサーフィンと
出合ったのに勿体なさすぎます。

 

いずれショートボードにチャレンジ
する目標は持っても良いので
初心者で運動習慣のないおじさん
サーファーはまずはファンボードをオススメします。

 

小手先やパドリングやテイクオフでも
楽しむことが一番大切ですから。

 

ブランドにこだわることもないですし、
見た目で好きなものを選べば良いと思いますが、

 

長さはファンボードレベルが
ちょうど良いですよ。

 

どれにするか悩んでいるなら・・・

 

悪いことは言わない。

 

ファンボードにしなさい(笑)。
楽しいっすよ!

 

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA