オススメ映画(ビッグウェンズデー)

【オススメ映画(ビッグウェンズデー)】

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日はオススメ映画を紹介します。

*僕は週に1本の映画または
海外ドラマは必ず見ている
映画・海外ドラマ好きです。

<オススメ度(あくまでも個人見解)>

★(時間の無駄)
★★(時間があれば)
★★★(普通)
★★★★(見た方が良い)
★★★★★(絶対オススメ)

【本日の映画:ビッグウェンズデー】

<オススメ度:★★★>

 

<あらすじ>

今から約40年前に作られた
伝説のサーフィン映画の1つです。

 

西海岸のサーファーである
マット・リロイ・ジャックは
サーフィンにのめり込みながら、

 

毎日ただひたすら遊びまくる
生活を送っていました。

 

そんな中でベトナム戦争が始まり
メンバーのジャックが志願して
ベトナム戦争に行きます。

 

そこからサーフィンと酒や
ドラッグで遊び呆けていた3人の
世界に変化が起き始めます。

 

ジャックが戦争から戻ると
昔の街の雰囲気はすっかり影を潜め、

 

サーフィン三昧でバカ騒ぎしていた頃の
青春の影は影を潜めます。

 

中でもマットは時代の変化についていけず
酒に溺れてかつて子どもたちの憧れ
だった栄光を完全に失います。

 

そこから新しい一歩を踏み出すために
伝説のビッグウェンズデーという
大波に挑戦して物語は終わります。

 

<感銘を受けたポイント>

前に紹介したエンドレスサマーと
同じくこの映画もサーフィン映画としては

 

伝説の部類に入るのではないでしょうか。

 

特におじさんサーファーには
失われた青春時代を自分に重ねて

 

ノスタルジーな気持ちにしたった
経験もあるかな~と。

 

ジェットコースター的な
ストーリー展開はあまりなく、

 

エンドレスサマーのような
サーフィンドキュメントと

 

ストーリー性のある映画の
中間ぐらいのイメージですかね。

 

その淡々さがまた良いのと、
劇中に出てくるbearというサーフブランドが

リアルなブランドとして
世の中に出てきたのが面白いです。

 

ベアーのTシャツとか着ていた
記憶が遠くの方であります(笑)。

 

それから伝説のサーファーである
ジェリー・ロペスが出演しているのは見ものです。

 

<残念なポイント>

伝説のサーフィン映画だとは思いますが・・・

 

前半部分のどんちゃん騒ぎがあまり
好かんな~というイメージがあります。

 

もちろん後半とのギャップを
演出するものではありますが、

 

それにしてもサーフィン三昧で
遊びまくりっていかにも感が

 

あって共感ポイントがないな~と。

 

マットが時代の波に乗れずに
ボロボロになりますが、

 

「そりゃ、そうだろ!」

 

ってツッコミを今なら
入れてしまいそうで怖いです(笑)

 

演技している役者のサーフボードの
持ち方がなんともヘンテコで

 

慣れていない感が違和感を抱かせたのか・・・

 

マーヴェリックスのジェラルド・バトラー
も同じく様々な映画に出ている有名俳優ですが、

 

サーフィン特訓を積んで吹き替えなし
でメチャクチャかっこいいライディングを
披露しているのと比較してしまいます。

 

ストーリー性やメッセージ性はありますが、

 

ちょっと自分にはもう1つなサーフィン映画です。

 

ただ見たことがない人は
1度は見ておくことをオススメします。

 

好きな人は何度も見るぐらい
ハマると思います。

 

僕はちなみに1度だけです。

 

伝説の映画ではありますが、
オススメ度は星3つです。
(個人的な意見っすよ)
↓ ↓

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA