モチベーションが上がらない?

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

今日は健康スキルを身につける
モチベーションについてお伝えします。

 

前にもモチベーションについては
こちらの記事にも書きました。

 

モチベーションを簡単に上げる方法

 

この時は簡単に体を動かす
という事をお伝えしましたが、

 

そこで脳の作業興奮を刺激して
モチベーションが上がっていく方法でした。

 

またモチベーションについて見直して欲しいのは、
生活のベースには睡眠が足りている、

 

適正な量の食事をしている、日光を浴びている、
適度な運動をしているという
ベースがあるとベターだという事です。

 

それを踏まえて欲しいのですが、
今回はオージーさんという方から
ご質問をいただきました。

「モチベーションが続かず、何かをやろうとしても全く

やる気がおきません。このような時に対処するには

どうしたら良いですか?」

何かをやろうとしているその具体的な内容が
書かれていなかったので

詳細は分かりませんが、

 

以前にもお伝えしたモチベーションを
上げる方法として簡単に体を動かす
(EX:整理整頓など)という事自体も

 

もしかすると

「モチベーションが続かない」
「だからやる気が起きない」

のかも知れません。

 

もうそうなると

「モチベーション」自体の概念を
頭から捨てた方が良いかもです。

 

そのやろうとしている事は

「好きなこと」なのか?

もしそうでないなら、

そこに「面白さ」を見つけられないか?

まずこれを考えてみてください。

 

もちろんオージーさんが会社員の方
だったら仕事で何かを任されているのかもしれません。

 

その場合は好きな事や面白さは
見出せないかもです(面白さは焦点を
ずらせば見つかりますが)。

 

例えば、次回の会議で使うプレゼン資料を
作りなさいという指示があったとします。

 

でもそれは好きな事でもないし、
楽しさも見出せない・・・

 

そういう場合はとにかくその作業が
完成するまでの細かいタスクをノートや
ワードなどに書き出してみてください。

 

頭の中でこれをやってはダメです。

必ずアウトプットする事です。

 

プレゼン資料を作るなら、

ステップ1:パソコンの電源を入れる
ステップ2:パワーポイントを開く
ステップ3:お題の章立てを作る
ステップ4:章立ての1行目を書く
ステップ5:章立ての2行目・・・

こんなイメージでとにかく行動に対する
とてもとても小さな最初の1歩のタスクから
書き出してステップ化して階段を上るようにしていきます。

 

階段は急な勾配になればなるほど
登れませんからステップとステップの間は

 

なるべく離れないように小さく
急勾配にならないように注意してください。

 

仮に好きな事でも時にはモチベーション
が落ちて行動できない事もあります。

 

以前にもお伝えした現状維持メカニズムが働くので
どうしてもここを越えないと次の行動へ移れません。

 

そこを打ち破るマインドはまた
いずれお伝えしますが、

 

今回はとにかく「行動を細分化」する事、
そして最初のとてもとても小さな1歩
だけに集中する事です。

 

モチベーションを上げてそこに
取り組むとか考えてはダメです。

 

音楽をかけてモチベーションを上げて・・・
など行うのも良いですが、

 

一過性で終わる事が多いからです。

 

モチベーション云々は置いておき、
とにかくとても小さな第1歩(ステップ1)
だけに意識を集中する。

 

その達成だけを目標にして
クリアしたらステップ2に上る。

 

これを意識しましょう!

 

簡単にサーフィンしている
途中に動画でも解説しました。

 

答えてほしいご質問があれば
ソルサーフサイトのお問い合わせから
いつでもお知らせください!

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA