ロングボードでゲティングアウト

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日はロングボードでゲティング
アウトする方法についてお伝えします。

 

ゲティングアウトとは岸川(ビーチ)
からパドリングして沖に向かう事です。

 

アウトに出るとも言いますが、
波が割れるポイントまでサーフボードを
手でこいでいくという事ですね。

 

ビーチ付近で割れる波で起きる
スープ(白い泡のような波)に乗って
ワーワー楽しむのも最高ですが、

 

波は既に崩れているため
直ぐに終了してしまいます。

 

もちろんスープが長く続くような
ケースもあるのでその場合は長く
乗れて楽しいですが、

 

なかなか斜めにライディング
する事は難しくなります。

 

そこで少し沖に出てしっかり
割れる波が割れる前に乗る事で

 

長く斜めに行きやすいので、
長くライディングも可能になり、
格別な気持ちになります。

 

しかし沖に出るまでに続々と押し寄せる
波を越えていかなくてはなりません。

 

波が押し寄せる間隔がある程度
あればその都度対処できますが、

 

連続で間を空けずに押し寄せると
ゲティングアウトするのは一苦労になります。

 

波が高い時などはさらに負荷がかかります。

 

ショートボードであれば
ドルフィンスルーという技術
(波の下をボードごとすり抜ける)
でカバーできますが、

 

9フィート以上のロングボードや
7フィート以上のミドルレングスの
ボード(ファンボード)では

 

ボードの浮力が強すぎて
ドルフィンスルーがなかなかできません。

 

ちなみに僕は昔は9フィートのロング
でしたが最近はこちらの7.6フィートの
ミドルレングスのボードです。

ミドルレングスでもゲティング
アウトは厳しいです。

 

そこでロング・ミドルボードで
ゲティングアウトするときに3つの方法があります。

 

<1:プッシングスルー>

まずはプッシングスルーです。

 

これが一番オーソドックスな方法で、
波が来る直前でボードを手で押しながら
つま先で足を上げながら体とボードの間に隙間を作ります。

その出来た隙間に波を通して行くやり方です。

 

このプッシングスルーは比較的波が
大きくない時などに有効です。

 

腕を伸ばす時には片足で蹴り上げる
つもりで行うと腕の力にだけ頼らないで
出来ますのでパワーを温存できます。

 

上記の画像は両足が揃っていますが、
片足で蹴りあげて片足はもっと高く
上に上がっている状態です。

 

<2:ローリングスルー>

続いてローリングスルーです。

こちらは波のピークが直前に迫っている時に
ボードをクルッと逆に回転させて
波の下に逆方向に潜り込むイメージです。

つまり波の中ではボードが自分より
上にある状態で海上とは反対になります。

 

そこで波のパワーをボードのテールで
受け流すイメージですね。

 

画像では体もボードと同じ平行に
ピタッとくっついていますが、

 

体だけはボードに対して
下に垂直に伸ばしても問題ないです。

 

横から見ると今流行りのチョコプラの
ネタである英語の「T」の文字の
ような形です(Tの上の棒がサーフボード
で下の棒があなたです)

 

<3:気合の素潜り>

そして最後は気合の素潜りです。

 

これは少々荒技ですが、
大きく息を吸い込みそのまま
リーシュコードの根元(サーフボードに
ついている部分)を握りながら下に潜り込む方法です。

 

リーシュコードを握るのは
サーフボードが飛んでいかないように
するためです。

 

潜っている間に波をやり過ごして
波が過ぎ去ったらまた浮上してくるイメージです。

この方法はまだ足が海底に
届く位置で行うとうまくできます。

 

既に足が届かない位置では勢いよく
波の下に潜り込むのは難しいです
(できないことはありませんが・・・)。

 

この方法はあまりにも波が押し寄せる
間隔が狭く、しかも大きくパワー
がある時に行うと有効です。

 

そして素潜りを併用しながら
足を使って徐々に沖に向かいます。

 

そして足が届かない位置に来たら
もうプッシングスルーかローリングスルーで
波をかわすように切り替えましょう。

 

素潜りする場合はその際に
「男は黙って素潜り」と気合いを
入れながらやりましょう。

 

その場合はクールポコのネタをイメージします。

「いやーローリングスルーして

カッコつけている男がいたんですよ。」

「なに~!やっちまったな。男は黙って素潜り。」

 

こんなイメージです。っていうのは
半分冗談で半分本気です(笑)。
(クールポコを知らない人はすいません)

 

男は黙って素潜りと言いながら
進むと本当に気合いも入って沖に向かえます(笑)。

 

ただし周りにサーファーがいる時は
心の中で言いましょう。

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA