オススメ映画(エンドレスサマー 終わりなき夏)

【オススメ映画(エンドレスサマー 終わりなき夏)】

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

本日はオススメ映画を紹介します。

*僕は週に1本の映画または
海外ドラマは必ず見ている
映画・海外ドラマ好きです。

<オススメ度(あくまでも個人見解)>

★(時間の無駄)
★★(時間があれば)
★★★(普通)
★★★★(見た方が良い)
★★★★★(絶対オススメ)

【本日の映画:エンドレスサマー 終わりなき夏】

<オススメ度:★★★★★>

 

<あらすじ>

今から55年も前の1964年に
わずか3名で5万ドルの低予算で
作られたサーフトリップ映画です。

 

3名ともサーファーはもちろんの事、
当時は今のように映像技術やそれを
編集する技術、交通手段なども含めて

 

極めて不の付く環境でありながら
3年半もかけて作られました。

 

終わりなき夏というタイトル通り、
世界中を旅して終わらない夏と
波を求めてサーフトリップをします。

 

アフリカ・南アフリカ・オーストラリア・
タヒチ・ニュージーランド・ハワイ
という国々を回りゆったり

 

ロングボードに乗りながら、
現地の人たちとの交流も交えて
淡々と描写を続ける映画です。

 

<感銘を受けたポイント>

サーフィンをする人なら見たこと
ある人がほとんどではないでしょうか。

 

もう55年も前の映画なのに
こうして現代でも紹介するぐらい
サーフィン映画の代表格です。

 

世界中の夏と波を求めて
旅をするところはサーファーなら
かなり憧れる境地です。

 

特にドラマティックな展開もなく、
淡々と夏と波とサーフィンを描写する。

 

そしてロングボードでゆったり
波に乗りながらサーフィンを「楽しむ」
本質が見える映画です。

 

リーシュコード(サーフボードと
体をつなぐコード)無しで波乗りしている姿や

 

ニーパドル(ボードの上で
正座するような姿勢で漕ぐ)を
駆使してアウトに出る姿に時代を感じますが、

 

逆に言うとすごいな~と。

 

特にリーシュコード無しで
サーフィンなんて考えられません。

 

昔は当たり前だったようですが、
リーシュコードが開発されたおかげで
敷居もだいぶ下がった感じを受けました。

 

リーシュコードが開発されたことに
感謝するぐらいです。

 

また5万ドルの低予算で作られ
興行収入が3千万ドル以上までいったとか。

 

実に600倍のリターンです。

 

日本映画の「カメ止め」を彷彿させる結果ですね。

 

なかなかエンドレスサマーのような
ライフスタイルを構築するのは
難しいと思いますが、

 

日本が冬の間だけ暖かいところで
サーフィンしたり、

 

世界をサーフトリップする
期間を短くするなどで
現実世界で実践したいですね。

 

ドラマティックな展開もないので
淡々とサーフィンドキュメントを見るつもりで

 

世界各地の海や波とローカルな
人たちを感じるには最高の映画です。

 

<残念なポイント>

ドラマティックな展開がない
ドキュメンタリーなので「映画」

という意味ではストーリー性が
ないのは少し残念です。

まぁ、もちろんこの映画に
それを期待するのはどうかと思いますが。

 

映画のジャケットはカッコ良く、
その世界観を醸し出しています。

 

伝説の映画ということもあり、
オススメ度は星5つです。

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA