オヤジサーファーの心得?(サーフィン)

こんにちは。

寒い冬から脱却しそうで
嬉しい冬眠型サーファーの山本です。

 

今日はオヤジサーファーの心得をお伝えします。

<オヤジサーファーの心得>

心得その1:肉体の違いを知る
心得その2:ロングボードで満足する
心得その3:ガツガツしない
心得その4:パド筋を常に鍛える
心得その5:四つん這いテイクオフでカバー

<心得その1:肉体の違いを知る>

オヤジサーファーは基本的に
体に無理は禁物です。

 

若い頃の肉体とは違うことを
認識しなくてはなりません。

昔なら楽に沖に出れたとしても
今はとても厳しいことを理解しましょう。

 

ほぼ毎日サーフエクササイズで鍛えている
僕でも昔の体力とは違うことを
痛感する事が多々あります。

 

特に海に行くと一層感じます。

 

<心得その2:ロングボードで満足する>

オヤジサーファーは基本的にロングまたは
ミドルボードで楽しみましょう。

 

もちろんショートボードで頑張る
オヤジも素敵ですが、

 

よほどいつも海に行ける
環境でない限り、

 

波が首尾よくあるとも限りません。

 

ロングボードであれば多少サイズが
厳しい波でも楽しむ事が可能です。

 

サーフィンはややもすると苦行に変わります。

 

目的は楽しむことです。

 

そこを見失うのはやめましょう。

<心得その3:ガツガツしない>

若くて活力あるサーファーのように
ガツガツ感を出さずに余裕を持ってのぞみましょう。

 

特に混雑したエリアではガツガツすると
揉め事に発展してしまいます。

 

マナーを守って波はいつでも来ると
言い聞かせて譲り合いの精神でいきましょう。

 

それだけ人生経験を積んできたわけですから。

 

「パドリングして沖に行き、
たとえ1つの波に乗れなくても
そこにいるだけで最高の気分だ」

by トム・カレン

<心得その4:パド筋を常に鍛える>

できれば僕の教えるサーフエクササイズを
実践して欲しいですが(笑)、

 

そうでなくてもとにかくパドリングに
必要な筋肉は鍛えておきましょう。

 

腕立てだけでも良いですし、
パドリングの動作を空中で何度も
行うことでも構いません。

パドリングの動作はクロールに
似ていますがクロールほど腕を
回す時に肩より上げる必要はなく、

 

腕を前に出す時はなるべく
肩と水平の位置を意識します。

 

海ではパドリングをしている時間が
もっとも長いですね。

 

もちろんテイクオフ動作も余裕が
あれば陸で練習しておきましょう。

 

<心得その5:四つん這いテイクオフでカバー>

オヤジサーファーになると肉体が硬くなってきます。

 

中にはテイクオフの体制から一気に
足を前に寄せてテイクオフ後の姿勢を
保てない人がいます。

 

クライアントを指導していて気付きましたが、
どうしても体が硬いあるいは腰に負荷を

 

かけられない人は代わりに
両腕を伸ばして胸を反る

 

動作から足を引き付ける代わりに、
顔は上げたまま一度四つん這いの

 

姿勢になって慌てず足を指定の位置に
片方ずつでも持っていきましょう。

 

こんな姿勢です。

そうすることでかなり腰への負担が減り、
体が硬くてもテイクオフが出来るようになります。

 

オヤジになったら定番のゴルフ
やサイクリング、山登りも良いですが、

 

サーフィンしているオヤジは
それだけでもクールなので
5つの心得を忘れずにトライし続けましょう!!

 

お金と健康リッチな幸せ自由人が続出!   波乗リッチ養成10日間無料メール動画講座

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA