書評(超「朝活」法)

こんにちは。
ソルサーフ代表の山本です。

 

本日は久々に書評をお届けします。

 

【本の情報】

タイトル:超「朝活」法
著者:久保田 競
https://amzn.to/2RQLE97

目次

第1章:脳科学的に正しい睡眠に
変えればけだるい朝が一気に変わってくる

第2章:50年以上、「朝活」を
実践中!早朝からでも脳がイキイキ活性化
するクボタ式「朝活」法

第3章:「朝活」だけしてもダメ!
「朝~夜の時間」を支配すれば、
46歳からでも生活習慣は変えられる

 

【本のピックアップポイント】

・7時間睡眠を確保しなければいけない理由

・人間が行動する9割は脳の

前頭前野がコントロールしている

・ストレスが継続すると前頭前野まで損傷を起こす

・自尊心の低い人はストレスに弱い

・脳科学的に正しいストレスに勝つ3つの神器

7時間睡眠 運動習慣 健康的な食事

・1日30分×3日×3週間のジョギング

・90分のリズムでタスクを分ける

 

【本の着眼ポイント】

 

この本は医学博士の久保田先生が
書いた朝活を取り入れた生活習慣の
ススメ的な内容です。

 

2010年に出版されているので
それほど新しい本でもなく、

 

僕も読んだのは8年ぐらい前です。

 

本が貯まりすぎると捨ててしまうか
友人にあげてしまいますが、

 

この本はその中でも生き残っている本です。

 

当時は短眠に憧れて色々な
書籍を洗いざらい読みまくり、

実際に挑戦していましたが、
全くダメだった時に出合った本です。

 

久保田先生も書いていますが、
睡眠は7時間がベストであると。

 

それはデータ上も証明されている
ということです。

 

もちろん個人的な差はあるし、
短眠(3時間とか)でも問題ない人も
いるとは思いますが、

 

僕には合わなかったですね。

 

それからこの本では運動習慣にも
言及しています。

 

ストレスを受け続けると行動の源である
前頭前野という脳の部分が損傷を起こすと。

 

それに対処するなら7時間睡眠と
運動習慣、適正な食事が大切だということ。

 

本当に基本的なことで超人にしか
できないような芸当ではなく、
誰にでも取り組める内容です。

 

運動習慣は必要な量、実践すると
良いオススメの時間、

 

食事も基本的には腹7分目を目指す、
それによって睡眠の質も上がる。

などなどです。

 

ただ1点残念だったのが、
運動習慣はジョギングをメインに
構成されていたこと(わしはジョギング挫折者です(笑))。

 

無理なら早めのウォーキングでも
良いとされていましたが。

 

それからさらっとですが
ジョギング以外のスポーツもオススメはしています。

 

何れにしても朝活という枠で
考えずに、もっと広い枠の人生
という枠で考えてもその質を確実に
あげてくれる内容です。

 

是非ご覧ください。
↓ ↓
https://amzn.to/2RQLE97

 

 

 

 

 

 

人生がワクワクする!ソルサーフ通信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA