新年目標にサーフィンでダイエット?

こんにちは、湘南ソルサーフ代表の山本です。

サーフィンをダイエットの手段として使う事に
ついて先日ある知人と話していました。

新年の目標としてダイエットをしたいとの事です。

ダイエットにも色々な方法はありますが、
なたはダイエットを経験したことがありますか?

もし答えがYESなら・・・その目的は何でしょう?

「痩せたい」
「理想の体型になりたい」
「理想の体型になってモテたい」
「バカにしていた人を見返したい」
「健康診断の結果を改善したい」
「自信を取り戻したい」
「健康になりたい」

目的は色々ありますが、目的を達成する手段がダイエットですね。
ダイエットはあくまでも手段であって目的ではないですね。

そしてダイエットは目的を達成して終わりですか?
違いますよね。

その後もずっとそれをキープしていく必要があります。
ダイエットする度にリバンドしていたら意味がないです。

かけた時間とお金の無駄ですね。
つまりダイエットでは2つの壁が存在します。

最初の壁はダイエットを通して目的を達成する壁。
次の壁は目的を達成して維持していく壁。

多くの人達は最初の壁で挫折して、次の壁に到達しても
維持できない状況にあります。

もしあなたが「自分は怠け者」だと認めているなら
(ちなみに僕は怠け者です)その2つの壁がとても
難しいものである事は分かりますね。

だから最初に大切な事はダイエットをする前に
自分は怠け者だと自分の事を受け入れる事が大切です。

これ本当に大切なことです。

怠け者は基本的に無駄な努力や根性論が嫌いです。

そして最初の壁を超える手段であるダイエットにも
実に様々な方法があります。

食事制限や食事の置き換え(ダイエットクッキーなど)、運動、
サプリメント、ツボ押し、巻くだけ、聞くだけ・・・

本当に世の中にはたくさんのダイエット法が存在します。

怠け者を自認していたらツボ押しやサプリメント、巻くだけ
などはとても魅力的に感じます。

しかし・・・色々やりましたが僕には2つの壁を超えるほどの
効果はありませんでした。

僕が過去にダイエットを行う決意をした目的は仕事が多忙で
ストレスから大人になってアトピー性皮膚炎が発症したこと、
自覚はありませんでしたが過食が原因(だと思います)で
糖尿病予備軍だと診断された事が始まりでした。

アトピー性皮膚炎は色々な治療を受けてもダメで、まずは痩せて
糖尿病予備軍を改善しようとダイエットを決意しました。

しかし目的が健康を取り戻すという結構深刻な理由にも関わらず・・・

怠け者な僕はサプリメントやツボ押し、食事の置き換え、
時には寝るだけダイエットに巻くだけダイエットを
組み合わせるなどとにかく楽なダイエット法を散々試しました。

が結局ダメでした。

最初の壁であるダイエットを手段として使って
目的(痩せる)を達成する事すら到達できずにいました。

そもそも太るというのは当たり前ですが、
摂取カロリーが消費エネルギーを上回る事ですね。

摂取カロリーとは食事など飲食によって得られるカロリーで
それがあなたの使うエネルギー量よりも多い状態になると太ります。

使うエネルギー量とはただ呼吸をして生きているだけでも
使いますし、体を動かせばそのエネルギー量は増えるという事です。

つまり今の使っているエネルギー量を変えたくないなら、
摂取カロリーを減らす、摂取カロリーを変えたくないなら
エネルギー量を増やすという事です。

サプリメントやツボ押し、ましてや寝るだけ・巻くだけ
ダイエットなどそもそもこの自然の原理原則から
外れているので一見方法は楽に見えても実際は
難しいという判断に気づいたのも遅すぎました(笑)。

楽に見えても難しいだけでなく自然の原理から外れた
不健康なダイエットでもあります。

散々試した挙句に最終的にダイエットを成功させて
それを維持していくには・・・

エネルギー量を増やす運動、摂取カロリーを減らす食事制限
をベースに置きながら、これを継続するという事です。

つまり以下の方程式になります。

運動×食事制限×継続=成功ダイエット

かけ算の方程式なので1箇所でもゼロがあると
ダイエットは成功しません。

例えば食事制限だけでももちろんダイエットとしては
成功する可能性もありますが、体重が落ちただけで、
それは筋肉量が落ちているだけかも知れません。

そうなると色々な健康面で支障が出てきます。

結局遠回りするようで一番お金と時間というコストを最小限に
抑えられるのも上記の方程式がはまっているパターンです。

しかし怠け者の僕にはこの方程式だけでも無理でした。
それは最初に来る運動という壁が原因でした。

運動が良いのは分かっているけど・・・
して運動のためにジムに行って筋トレをしたり、
マラソンをしたりを実践しました。

でも・・・これが面白いように続かない(笑)。

マラソンなど当たり前のように続かず、筋トレについては
トレーニングジムに行って実践していましたが続かず、
最終的にはパーソナルトレーナーを雇って
実践したにもかかわらず続きませんでした。

もう本当に自分が嫌になりました(笑)。

最初は筋肉がついていき、体力も増えるのが実感できて
高い集中力や健全な精神力がその肉体に宿っていくのがわかります。

ところが苦しいし面白くないしお金はかかるし
時間(通う時間も)を確保するのも大変です。

苦しくてもその苦しさがアドレナリンを引き出し
快感になっていく人はいると思いますが僕は違いました。

元来怠惰な生き物である僕は(人間は皆そうですが)、
運動で体を鍛えるとか健康になるとか体重が減るとか

当たり前の効果そのものではなく、
その先にもう1つのバッファーとも言える目的が必要だったのです。

つまりインプットという位置付けの運動とアウトプットする
運動(目的)の2つが必要だったのです。

例えば筋トレをするなら筋トレはインプット、
その先にボディービルの大会に出るというアウトプット(目的)。

マラソンならランニングするのはインプット、
ホノルルマラソンに出場するというアウトプット(目的)。

それらを統合したトライアスロンなどはエグゼクティブなどに
人気のあるスポーツですが、走って、泳いで、自転車こいでという
ハードすぎる内容は僕には不向きです。

また大会なども1つの目的と言えますが、アウトプット
とも言える目的で最高のものが「楽しい」「楽しむ」というものです。

「苦しい」のはやっぱり嫌です(笑)。

運動のためにジムに通うという壁(ジムへの準備・通う時間・お金等々)、
苦しいという壁、そんな壁を超えるために最終的に行き着いた結論が・・・

自宅で手軽にできてその運動習慣(インプット)
を本番の場所で発揮(アウトプット)させる。

このパターンが怠け者でも飽きずに継続することが
できる運動習慣です。

例えばそれはあなたにとって「テニス」かも知れません。

実際にコートでテニスをするため(アウトプット)に
自宅でできる運動習慣(インプット)を実践する。

例えばそれはあなたにとって「ゴルフ」かもしれません。
実際にゴルフ場でゴルフをするため(アウトプット)に自宅で
できる運動習慣(インプット)を実践する。

このパターンが怠け者でも無理なく継続して運動習慣を
少しずつ身につけていけるパターンです。

それが僕の場合は久々に復活させたサーフィンでした。

陸上でできるトレーニングを行いながら、
海というアウトプットの場でサーフィンをする
という運動習慣の循環を生活習慣に組み込みました。

もちろん食事制限も行いましたが、それほどガムシャラに
制限していた訳ではなく、腹八分目を意識しながら
サーフィンで計測していた消費カロリーと生きていく
為に必要な消費カロリーを合計したカロリー数以内に
とどめておくという事だけを意識していました。

ただしサーフィンで消費するカロリーは海の条件によっても
変わりますし、スキルの上手さによっても変わります。

波がたくさんある日は当然ですが乗る回数も増えるので
消費カロリーも上がりますし、逆にフラットな状態なら
波待ちしているだけでカロリー消費はあまり期待できません。

いずれにしてもダイエットを成功させるにはこの公式で行い、

運動×食事制限×継続=成功ダイエット

運動部分はサーフィンでなくてももちろん構いませんが、
あなたにとって継続できるという運動が大切です。

その部分にサーフィンを組み込む事は実はダイエットだけでなく
心を整える習慣にもつながるので一石二鳥どころか三鳥、四鳥以上
のベネフィットをもたらせてくれます。

ダイエット目的でサーフィンをするのは僕自身が効果的だった事を
立証しています!目的がダイエットであっても何でも
さぁ、サーフィンを始めましょう!

 

 

 

期間限定:サーフィンライフのススメ書籍原稿無料プレゼント!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA