本日のSUP Foil情報!(知多方面)

こんにちは。
SUPトレーナーの星野です。

 

前回のFoilから又々台風の
おかげで内海でFoil練習。

 

この日は、何時ものポイントは
腰だけど人が溢れてFoilは無理。

 

ポイントずらしてワンサイズ小さくなるけど
一人締めのポイントへ。

 

知多方面のポイントは、潮が引かないと
波が立たないので、この日は夜明け前から入水。

前回、フワッと浮く感覚には慣れたつもりで
いたけれど、Foilのマスト一杯(55cm)に浮くと
全くコントロールできない。

 

Foilのマスト半分くらいで浮いて
走る事には随分慣れて来て、膝波ならば
取り敢えず浮けるようになった。

 

とは言え、Youtube動画には
程遠い状況で中々上手く行かないが、

 

これくらい難しい方が出来る様に
なった時の達成感が違うはず。

 

少しづつステップアップするのを
楽しみたいし、実際Foilは始めたら
ハマるマリンスポーツだと思う。

 

2時間程乗って潮が上げて来て割れなくなったので
一旦休憩して、午後から来る友人を
待ちFoil体験をしてもらった。

 

動画は、少し遠いですがボードがフワッと
浮く瞬間が確認できます。

Foilに慣れるためボートで引いてもらって浮く
感覚を掴む練習もありますが、

 

実際に海の波の中で練習するなら膝大きくても
腿位の波から練習すれば怪我も防げ、

 

パーリングの仕方も分かってくるし
小波なら人も少ない可能性もあります。

 

Fiolは、羽根をつけているためボードの安定性は
高まるため普段よりワンサイズ
小さなボードに乗れますが、

 

抵抗があるためアウトに出る時の漕力は、
SUPの2倍は必要となります。

 

Foilは、自然と漕力をつけてくれるので
SUPサーフィンにも大いに役立ちます。

 

これからの季節Foilのダウンウィンドも始まり、
来季はFoil人口もさらに増えてくるでしょう。

人生がワクワクする!ソルサーフ通信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA