SUP Foilの試練?

こんにちは。
SUPトレーナーの星野です。

 

先日もお伝えしたSUP Foilに
関するお問い合わせが結構ありました。

 

もちろんSUP Foilは最高に
楽しいスポーツですが・・・

 

試練もまた存在します。

 

本日はあえてSUP Foilの試練を
お伝えします。

 

私の初Foilは、浜松でセット胸インサイドは
ワイドなショアブレイクでハード過ぎる
コンディションでした。

 

先ず、Foilで認識しておかなくては
いけないのはサーフィンやSUPに比べて、

 

怪我のリスクが格段に高い事。

 

Foilのマストが短くても50cm以上あるため、
ゲティングにFoilが海底に当たらない深さまで
ランチングする必要があります。

 

このため、当然インサイドは波数も
多くコンディション的にショアブレイク
のきついコンディションですと

 

ゲティングアウトするだけでも大変です。

初のFoilで嫌という程体験して来ましたので
2回目のFoilはコンディションを選び、

 

内海のタル目の膝波で実践して来ました。

 

Foilを始めるならば、膝波位が練習には
適したサイズで何度かその浮遊感を味わいましたが、

 

マスト一杯まで浮き上がるとバランスを
取る事が非常に難しくパーリングの連続。

 

チョット浮いた状態で、ボードを
パンピングさせながら浮かすにはちょうど良い波で、

 

この日は先ずFoilの感覚を
確かめながら良い練習ができました。

 

浮き上がって走り出すと、
今まで体験した事のない感覚で
まさに海面を飛んでいる、

 

と言う表現がぴったり。

 

試練を越えるとそこには
地球上で体験したことない

 

感覚を得ることができます!

 

いくつになってもチャレンジです!

 

あなたもSUP Foilに是非チャレンジ
してみてください!


次回のチャンスには、今日よりも
飛行距離を伸ばせられるよう練習です!

人生がワクワクする!ソルサーフ通信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA