ビジネスをサーフィンに例えてみる

こんにちは。
山本です。

今日はビジネスをサーフィンに例えて説明します。

サーフィンをあまり知らない人には
ピント来ないかも知れませんが・・・

サーフィンをする時に必要な要素は以下の5つです。

1:サーファー

2:海

3:波

4:サーフボード

5:カレント(陸から沖へ流れる潮流、これに乗ると沖に行きやすい)

この5つの要素ってビジネスにとても当てはまるのです。

1:サーファー

これはビジネスをするあなた自身です。
あるいは会社自体、または商品・サービスでもあります。

2:海

あなたの選ぶ市場です。大きな枠で捉えられる市場です。
野菜卸売市場、輸入ビジネス業界、税理士業界等の市場です。

市場って見えない、つかみ所の無い漠然としたものではありません。
そこには一人一人の想定顧客がいる、その集合体があくまでも市場です。

3:波

あなたが市場で選ぶポジショニングです。
同じ市場でも色々な切り口があります。

どの波に乗るのか?という事が
ポジショニングではとても大切です。

4:サーフボード

選んだ波で取ったポジショニングを元に
商品・サービス・会社・あなた自身の戦略を乗せる
マーケティングツールです。

それは告知するツール、訪問してもらうツール、
顧客化してもらうツール、この3つのツールだけです。

ツールですからサーフボードと同じで
時代によって進化していきます。

例えば告知ツールで言えばSNSに見られる進化です。

5:カレント

浜から沖に流れる潮の流れですが、これに乗ると容易に
沖へ出る事が可能です。ビジネスではこれが時流となります。

 

最終的に市場で取ったポジションで扱う商品・サービスを
時流に合わせていく事が大切です。

時流に合わせるとはコンセプトや発する
メッセージを合わせていく事も含みます。

ビジネスをサーフィンに例えると
非常にイメージしやすくなります。

サーフィンやったら色々な意味で
ビジネス力上がりますよ!!

 

人生がワクワクする!ソルサーフ通信


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA